南区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

【Web限定記事】UR都市機構が管理する南永田団地 住民の「つながり」を祭りで体現 マラソン大会、フードドライブ、ワークショップなど盛況

コミュニティ文化

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
大きな横断幕で地域を元気付けた
大きな横断幕で地域を元気付けた

 南永田団地内にある商店街の空き店舗を活用して異世代交流を図るイベント「つながり祭」が12月12日に行われた。新型コロナウイルス影響で2度の延期を余儀なくされながらも開催にこぎつけ、市立永田台小学校の児童と企画したマラソン大会などでにぎわった。

 つながり祭は空き店舗の活用を目指す住民で組織する「永田みなみ台まちづくり委員会」が中心に運営し、3年前から2カ月に1回開催するもの。親子3世代の交流と地域活性をテーマに、模擬店などでにぎわう。しかし、新型コロナや台風の影響で6月を最後に開催できずにいた。

 今回は「密を避けて盛り上げる」をテーマに、来場者にマスクの着用を呼び掛けるほか、模擬店の間隔を空けるなどの感染症対策を講じた上で開催。永田台小学校の児童が団地周辺を走るマラソン大会やUR都市機構が糸電話とマスクケースの作り方を教えるワークショップを行った。マラソン大会に参加した同小6年1組がコロナで苦しむ地域を元気付けるために作った、長さ約3mの横断幕も好評だった。

 また、商店街の地域交流スペース「サロンほっとサライ」が各家庭で使い切れない未使用食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄贈する「フードドライブ」を実施し、約120kgが集まった。同委員会の佐藤明美さんは「コロナで直前まで開催するか悩んだけど、皆さんが感染症対策に協力してくれた。これからも感染症対策を講じた上でできるイベントを考え、団地と地域住民のつながりを紡いでいきたい」と話した。
 

UR都市機構のワークショップ
UR都市機構のワークショップ
フードドライブには約120kgが集まった
フードドライブには約120kgが集まった

南区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月7日号

「成人18歳」知って

「成人18歳」知って 社会

市、人気アニメと連携企画

5月7日号

セブンでボトル回収

セブンでボトル回収 社会

市と共同、南区9店舗に

5月7日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月7日号

市財政 大学生伝える

市財政 大学生伝える 社会

若者意識し、ウェブ発信

5月7日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter