南区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

大岡小4年生 独自体操をウェブ配信 運動不足解消を支援

コミュニティ教育

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
配信したZoomの画面
配信したZoomの画面

 市立大岡小学校(近藤浩人校長)の4年生が新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が増え、運動不足に悩む人の力になろうと、自分たちで考えた体操を1月27日に同校からウェブ配信した。児童の保護者や弘明寺商店街の店主、地元のスポーツクラブらが参加し、画面を見ながら汗を流した。

 この日は、4年2組の32人がビデオ会議アプリ「Zoom」を使って配信した。1回目の緊急事態宣言が解除された昨年6月から総合学習の時間で準備を進めてきた。

 地域のニーズを聞き出そうと、近隣住民や弘明寺商店街の店舗にアンケートを実施。コロナ禍で外出する機会が減って運動不足に悩む人が多いことから、自宅で気軽にできる体操を考えることに決めた。

全部で10種類

 児童は市が推進する体操「ハマトレ」を参考に、肩こりや腰痛改善が期待できる内容を考案。南スポーツセンターを拠点とする総合型地域スポーツクラブ「弘明寺くらぶ」などから助言を受け、試行錯誤を重ねた。

 当初考えた体操はテンポが速く、高齢者から「体が追いつかない」との声が相次いだことから「誰でもできる」ことを意識。背筋を伸ばす「バンザイ」や足踏みの運動など、体に負担が少ない体操を10種類作った。

急変更にも対応

 1月8日から2回目の緊急事態宣言に入り、本来は大岡はらっぱで行う予定の体操を急きょZoomでの配信に変更した。参加者に直接指導ができないため、体操のポイントや効能などを書いたフリップを作成。それをカメラに映しながら解説し、画面の向こうの参加者に教えた。

 参加者の60代女性は「家事の合間に気軽にできる」と話し、日課にするという。担任の今辻雅子教諭は「コロナ禍で活動が制限される中、チームワークを発揮してくれた」と児童を称えた。

 また、児童は住民が一人でもできるように体操の手順を書いたパンフレットを配布。地域の健康増進に向け、今後の開催も検討している。
 

フリップで説明する児童
フリップで説明する児童

南区版のトップニュース最新6

アートで顔見える関係を

アートで顔見える関係を 文化

4日に「光のぷろむなぁど」

12月2日号

3回目 2月から本格化

ワクチン接種

3回目 2月から本格化 社会

市、12月下旬に通知開始

12月2日号

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

清掃で「つながり」実感

清掃で「つながり」実感 コミュニティ社会

区企画に町内会・学校参加

11月18日号

依存症対策の計画策定

依存症対策の計画策定 社会

市、早期支援へ連携強化

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook