南区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

ワクチン接種 集団・個別を各自選択 市、3月下旬から通知開始

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、予定や接種会場を2月16日に公表した。特設会場で受ける「集団接種」か病院などの「個別接種」かを各自が選択する仕組みで、高齢者施設の入居者には「施設接種」を行う。南区は南公会堂が集団接種会場。3月下旬から段階的に接種券を発送し、4月に接種を開始する予定。(2月22日起稿)

 接種券の送付は集中を避けるため、5歳ごとに年齢層を分け、発送時期をずらして通知する。3月下旬に80歳以上(約29万人)、4月上旬に75歳以上(約19万人)、4月中旬に70歳以上(約24万人)と65歳以上(約20万人)の高齢者へ段階的に発送する。基礎疾患保有者(約24万人)、高齢者施設などの従事者(約5・6万人)、それ以外の市民(約237万人)は順次発送するとしており、接種時期は未定。

 集団接種の会場は公会堂やスポーツセンターなどを活用し、各区に1カ所以上設ける。南区は南公会堂が会場。市は今後、会場を拡充していく考え。また、個別接種に対応する病院は現在、市内で約50院が協力の意向を示しているという。

 接種券を受け取った人は集団接種か個別接種かを3月1日に設置予定のコールセンターへ電話で予約する。スマートフォンやパソコンから対応するシステムも開設する。

従事者確保が課題

 市の人口は375万人で接種対象者は全国の市町村で最多。医療従事者の確保が大きな課題だ。

 市健康福祉局内に設置された専門チームの担当者は「現在、医師会からの協力合意をいただき、区レベルで医師、看護師の手配を協議している。高齢者接種の段階で国が示す12週間で2回接種ができるよう、調整、協議を進めたい」と話す。

 一方、集団接種の会場となる公会堂やスポーツセンターは、すでに利用予約を受け付けていた4〜6月分に関し、貸し出しを中止する。

 南公会堂は発表があった16日以降、期間中の予約者に施設が使えなくなったことを連絡するなど対応に追われている。

 毎月、公会堂の講堂を使っていた団体の代表者は「利用者が減り、2月から別の会場を使うことになっていた。早く公会堂に戻れるようになればいいが」と話していた。

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook