南区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

弘明寺商店街 桜の季節 人出読めず 店側、期待と不安交錯

社会

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
桜をイメージした飾りが付けられている弘明寺商店街
桜をイメージした飾りが付けられている弘明寺商店街

 大岡川沿いの桜が花を咲かせる時期になった。この時期に多くの花見客が訪れる弘明寺商店街では、来客を期待する声がある一方、新型コロナウイルスの感染者数が横ばい状態の中、多くの人が訪れることに不安を感じるという声もある。3月26日に桜のぼんほり点灯が始まるが、コロナ禍の花見客の人出が読めず、店主らは気を揉んでいる。

 大岡川の桜並木は近年、テレビや旅行ガイドに多く取り上げられ、知名度が全国規模になってきた。

 例年、春になると弘明寺商店街には多くの花見客が訪れる。商店街では飲食店を中心に「一年で一番の書き入れ時」という意識が強く、「桜が見ごろの時に週末が2度あると、かなり助かる」という店主もいるほど。

 しかし、新型コロナウイルスの感染が広がった昨年は、花見を含めた外出自体が減り、商店街も売上減に苦しんだ店が多かった。現在も感染再拡大によって、緊急事態宣言が再延長されている。

宣言明けなら反動も

 宣言の期限は21日まで。商店街のある店主は「宣言解除と桜の開花時期が重なれば、反動で一気に人が出てくるのではないか」と予想する。別の店主は「解除されても遠出を控える人が多く、身近な大岡川の桜を見ようという人が例年より増えるのでは」と話す。昨年から昼の営業も始めた飲食店の男性店主は「1年間、何とか耐えてきたので、桜の時期にお客さんに来てほしい」と強く願っている。

 一方、多くの人が川沿いや商店街にやって来ることを身構える人もいる。物販店の女性は「桜の時期だけ弘明寺に来る人が多くいる。そこから感染が広がらないか心配」と話し、状況によっては、店に立つのを控えることも考えている。

ぼんぼり点灯は時短

 春の風物詩である「南区桜まつり」は、蒔田公園のステージイベントは昨年に続いて取りやめ。昨年は中止したぼんぼりの点灯とライトアップのみ行う。密集を避けるために、3月26日から4月11日までの金、土、日曜日のみにし、時間も午後6時から8時の2時間と、例年より短縮する。また、川沿いで飲食物を販売する屋台は出ない。

 すでに商店街には桜をイメージした横断幕や飾りが取り付けられている。感染に対する意識や状況が昨年と異なるだけに、「どれだけ人が来るのか、それとも来ないのか分からない」という声が店から多く聞かれる。

南区版のトップニュース最新6

「焦らず、希望持って」

精神障害当事者

「焦らず、希望持って」 社会

区主催講演会で芸人語る

12月9日号

1割がゲーム・ネット依存

横浜市小中学生

1割がゲーム・ネット依存 教育

市教委、初の実態調査

12月9日号

アートで顔見える関係を

アートで顔見える関係を 文化

4日に「光のぷろむなぁど」

12月2日号

3回目 2月から本格化

ワクチン接種

3回目 2月から本格化 社会

市、12月下旬に通知開始

12月2日号

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月8日15:06更新

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「認知症に理解を」

「認知症に理解を」

22日、六ツ川で当事者講演

12月22日~12月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 横浜の遊園地

    〈連載〉さすらいヨコハマ51

    横浜の遊園地

    大衆文化評論家 指田 文夫

    12月9日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    みなみに広がれ、つながりの輪

    12月2日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook