南区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

バッグで環境保全を 南永田団地 小学生と制作

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
エコバッグを持つ住民
エコバッグを持つ住民

 南永田団地の商店街にある「サロンほっとサライ」がこのほど、永田台小学校の児童と協力し、エコバッグを作った。住民らに環境保全について考えてもらおうと、各種イベントなどで配る。

 この取り組みは南区が企画したもの。貧困や環境問題などのあらゆる課題を2030年までに解決に向かう「SDGs(持続可能な開発目標)」を地域に浸透させる狙いがある。

 区からエコバッグの作成を任されたサライだったが、コロナ禍で発表の機会を失っている子どもたちに活躍の場を与えようと、交流のある永田台小学校にバッグのデザインを頼んだ。

 デザインは同校をこの春に卒業した6年生が担当。「住み続けられるまちづくりを」といったSDGsの目標などを記したエコバッグを500個作った。

 6年1組の担任を務めた藤倉久二郎教諭は「貴重な機会をくれた住民の皆さんに感謝。これを機に子どもたちが環境問題について真剣に考えてくれれば」と話した。

 エコバッグは児童や教職員に配るほか、4月17日に同団地で行われる「つながり祭」などの住民イベントで、高齢者を中心に配布する予定だ。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

原画展でアフリカ知る

原画展でアフリカ知る 文化

南区出身者の企業主催

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

中華街の160年を紹介

ユーラシア文化館

中華街の160年を紹介 文化

写真や絵画など220点

5月13日号

みなとみらいで流鏑馬

伊勢山皇大神宮

みなとみらいで流鏑馬 文化

創建150年の記念事業

5月13日号

幼・保の仕事 魅力発信

幼・保の仕事 魅力発信 教育

教諭ら連携でダンス動画

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙式は5月末で販売終了

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

  • 5月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter