南区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

消防クラブ 小中学生募る 米海軍経験者らが指導

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
消防署で話を聞いて学ぶメンバー
消防署で話を聞いて学ぶメンバー

 南区の小中学生が消防・防災活動を行う「リスクウォッチ横浜ファイヤーチーム」(以下、リスクウォッチ)が「ジュニアファイヤーファイター」と呼ぶメンバーを募集している。

 リスクウォッチは、横須賀の米海軍消防隊で予防課長を務めた長谷川祐子さんが活動を監修する。長谷川さんによると、米国では、「もし衣服に火がついたらどうする」など、防災や危機管理に関する知識を教育の中で子どもに教えているという。こうした活動を日本でも広め、「自分で自分を守る子ども」「災害時に活動できる子ども」を育成しようと、娘の奥田悦子さんとともに講演などを行ってきた。

 チームは2017年に結成。南消防署の協力を得ながら、ロープ結索訓練など、実践的な防災活動を学んできた。その後、全国の少年消防クラブが集まる大会に参加し、経験を積んでいる。

 奥田さんは「危機管理を学び、さまざまな体験を通して、自分の命を守り、大切な人を守れるように、私たちがサポートします」と話す。

 対象は南区在住の小学校4年生から中学校3年生。1年を通して取り組めることが条件。定員10人。登録料、参加料は無料。申し込みは5月31日まで。問い合わせは奥田さん【電話】080・5173・0399。

大会への参加もある
大会への参加もある

南区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月7日号

「成人18歳」知って

「成人18歳」知って 社会

市、人気アニメと連携企画

5月7日号

セブンでボトル回収

セブンでボトル回収 社会

市と共同、南区9店舗に

5月7日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月7日号

市財政 大学生伝える

市財政 大学生伝える 社会

若者意識し、ウェブ発信

5月7日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter