南区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

中学校給食 酒米食べてロス削減 生徒、地産地消を体感

教育

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
酒米を味わう永田中の生徒
酒米を味わう永田中の生徒

 南区内の市立中学校は食品ロスの削減に貢献しようと、酒造会社で余った県内産酒米を学校給食で10月11日から提供している。新型コロナウイルスの影響で日本酒の供給量が減り、在庫として残った酒米の消費に困る酒蔵や農家の支援などが目的。地産地消を通し、生徒の食育推進に向けた機運を高める。

コロナ禍で15トン残る

 この取り組みを考案したのは、県内で学校給食や弁当の製造などを手掛ける株式会社安田物産=大和市=。同社と取引がある酒蔵、泉橋酒造株式会社=海老名市=は新型コロナによる外食需要の減少により、日本酒の供給量が減った。それにより、約15トン(一升瓶約1万9千本分)の酒米が余った。

 泉橋酒造から酒米の消費方法について相談を受けた安田物産は、給食を提供する南区と緑区の市立中学に協力を依頼。食育推進を図る学校側と利害が一致し、10月11日から約2週間、給食で酒米を出している。

 酒米用の県内産コシヒカリを食用に精米し、白米として使用することを横浜市教育委員会に承諾してもらった。2区分で一日当たり約2千食におよぶ。もちっとした食感が特徴で、食用と遜色がないという。

食材に興味関心を

 横浜市は今年度から「ハマ弁」を学校給食法に適応させ、市立中学で注文制の形で給食の提供を開始した。新1年生の保護者向け説明会などで給食の意義や魅力について発信した永田中学校は、全校生徒564人のうち毎日約140人が注文する。「ハマ弁」だった昨年度に比べて注文する生徒が増えたという。

 しかし、選択制や注文率が約25%であることを問題視する声もある。注文率の向上に向け、同校の永山泰士校長は「子どもが食材そのものに興味関心を持ち、給食を注文するメリットを感じてもらえる活動が必要」と分析する。そんな中、安田物産が考案した取り組みは大きいという。

 中学生は社会科などの授業で、国連が環境問題などの解決を掲げた17の目標「SDGs(持続可能な開発目標)」について学ぶ。授業で地産地消の取り組みなどが紹介されるが、それらを見て触れる機会は貴重だ。

 永田中2年の齋藤彩綾さんは「地産地消が食品ロスの削減になることを給食を通じて知れた。残さず食べたい」と話し、日常生活でも意識したいとしている。

南区版のトップニュース最新6

アートで顔見える関係を

アートで顔見える関係を 文化

4日に「光のぷろむなぁど」

12月2日号

3回目 2月から本格化

ワクチン接種

3回目 2月から本格化 社会

市、12月下旬に通知開始

12月2日号

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

清掃で「つながり」実感

清掃で「つながり」実感 コミュニティ社会

区企画に町内会・学校参加

11月18日号

依存症対策の計画策定

依存症対策の計画策定 社会

市、早期支援へ連携強化

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座

中村で18日

12月18日~12月18日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook