南区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

蒔田町紅花書道塾 生徒7人 作品展で入賞 県コンクール、最高位も

文化

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena
受賞作品の代わりとなる自信作を手に持つ生徒たち
受賞作品の代わりとなる自信作を手に持つ生徒たち

 蒔田町の紅花書道塾に通う小中学生7人の作品が「かながわ書道キッズコンクール」で入賞し、うち2人が最高位にあたる賞を受賞した。応募作品は横浜市民ギャラリー=中区=で11月28日まで展示されている。

 このコンクールは神奈川新聞社が未来を担う書家の育成や書道文化のさらなる発展などを目的に初めて開催した。神奈川を代表する書家と子どもたちが交流を深めるというコンセプトもある。県内全域から489人の小中学生の作品が集まった。11月1日に入賞者55人が発表された。

劉さん、関さんに大賞

 紅花書道塾からは7人が入賞した。その中で劉晴櫻(はな)さん(小1)と関莉果さん(中2)が最高位に相当する「神奈川県知事賞」を取った。

 劉さんは自身の名前「はな」を元気に書いた。「自分の名前で一番上の賞を取ることができて良かった」と喜びを噛みしめた。

 関さんは「個性尊重」を揮亳。全体のバランスを考え、一画ずつ正確に書くことを意識したと言い、書道4段(大人の部)の実力を発揮した。「将来は師範の資格を取得して書道の魅力や楽しさを伝えたい」とさらなる高みを目指す。

 同塾代表の粟津紅花さんは「初開催のコンクールで、多くの生徒が名誉ある賞を受賞したことを誇りに思う。受賞をきっかけに、さらに書道を好きになってほしい」と話し、生徒を称えた。

 同塾からの受賞者、作品は以下の通り(敬称略)。▽神奈川県知事賞...劉晴櫻、「はな」/関莉果、「個性尊重」▽川崎市長賞...齋藤真奈、「和顔愛語」▽教育長賞...鈴木亮晴、「創造」▽最優秀賞...吉邑梨里奈、「旅行」▽優秀賞...村松朱理、「行雲流水」▽佳作賞...山浦千明、「もくせい」

 応募作品は市民ギャラリーで28日まで行われている「神奈川書家三十人展」で展示中。1階に子どもたちの作品、2階に県内在住の30人の有名書家の作品が並ぶ。

南区版のトップニュース最新6

健康食育で文科大臣表彰

大岡小

健康食育で文科大臣表彰 教育

「学校給食優良学校」に

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

南署に電光掲示板寄贈

南ロータリークラブ

南署に電光掲示板寄贈 社会

60周年、地域貢献広がる

1月20日号

還元額 予算の5%

市内飲食店利用促進策

還元額 予算の5% 経済

「レシ活」利用低調

1月20日号

3回目、1カ月前倒し

ワクチン接種

3回目、1カ月前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

生理用品を無償提供

フォーラム南太田

生理用品を無償提供 社会

コロナ禍の女性を支援

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月26日18:36更新

  • 1月24日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に

27日から 赤レンガでイベント

1月27日~1月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook