南区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

井土ケ谷日本濾水機 水ろ過装置 オデーサへ 製品3台を横浜市購入

社会

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
オデーサ市に渡る日本濾水機工業の浄水装置
オデーサ市に渡る日本濾水機工業の浄水装置

 井土ケ谷中町の日本濾水機(ろすいき)工業株式会社(橋本美奈子社長)の移動式浄水装置3台がロシアの侵攻を受けるウクライナのオデーサ(オデッサ)市で飲用水確保のために使われることになった。オデーサ市から姉妹都市である横浜市に支援要請があり、市が同社から購入して現地に届けるもの。浄水装置は近日中にオデーサに届く予定。

 横浜市の山中竹春市長とオデーサ市のゲネディー・トゥルハノフ市長が5月13日に行ったオンライン会談の際、ロシアの侵略により、水道施設が攻撃を受け、水供給機能が停止する可能性があることが説明された。その後、ウクライナ側から市に正式な支援要請があり、市は浄水装置をすぐに納品できる事業者を選び、4100万円の予算で計33台を購入した。

 オデーサ市に提供するのはJFEエンジニアリング=鶴見区=が寄付した11台と日本濾水機工業など4社の22台の計33台。市によると、川の水をろ過するために使うことが想定され、10万人分相当(1人1日3リットル換算)の飲用水を確保できるという。

川の水を飲用に

 日本濾水機工業には5月中旬に市から打診があり、3台を提供。3台は異なる製品だが、水を汲み上げ、フィルターでろ過し、飲用水となる。高機能のものは、1時間に3トンの水処理が可能。同社は人道的支援の立場から、装置3台を実質2台分の価格で販売した。

 同社の製品は食品や医療、医薬品メーカーで使われることが多い。2014年には、同社そばの井土ヶ谷中町第二自治会が災害時に井戸水などを飲料用に使えるようにするため、製品を購入したことがある。通常、注文から納品までは約半年が必要だが、今回は緊急事態のために、急ピッチで組立作業を進めている。

 市は装置33台を輸送するため、6月中に空港倉庫に運ぶ予定。市と協定を結ぶJICA(国際協力機構)と協力して現地へ届ける。市国際局は「現時点でオデーサの水道施設が攻撃を受けたという情報はないが、市民に水供給ができなくなるリスクに直面している」という。同社は「水は生活に必要なもの。装置をオデーサで使ってもらえれば」としている。

南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

永田台小に環境大臣賞

永田台小に環境大臣賞 社会

米作り、ごみ削減など評価

6月30日号

服譲って無駄なくす

南太田夢学童保育

服譲って無駄なくす 社会

保護者の声受け初企画

6月30日号

地元竹で郷土愛醸成

南永田山王台竹遊会

地元竹で郷土愛醸成 文化

2年半ぶりに活動発信

6月23日号

水ろ過装置 オデーサへ

井土ケ谷日本濾水機

水ろ過装置 オデーサへ 社会

製品3台を横浜市購入

6月23日号

67年ぶり 春関東準優勝

Y校軟式野球部

67年ぶり 春関東準優勝 スポーツ

夏に向け、収穫得る

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中村で七夕フェスタ

中村で七夕フェスタ

3年ぶり開催へ

7月3日~7月3日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook