武騎手に記念のスカーフ中区太田町のアトリエモモ 4千勝、JRAから依頼

経済

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • はてぶ
武騎手(右)にスカーフを渡すオノさん
武騎手(右)にスカーフを渡すオノさん

 バッグ、アクセサリーなどのデザイン・販売などを行う有限会社アトリエモモ=中区太田町=が9月に史上初のJRA(日本中央競馬会)4千勝を達成した武豊騎手にプレゼントするための記念スカーフを製作した。

 同社代表のオノキョウコさんがJRAから今春に依頼を受けた。JRAは横浜が洋式競馬発祥の地であることなどを理由に同社を選んだ。勝利時の全ての勝負服(騎手がレースの際に着る服で馬主ごとに柄が決まっている)を入れてほしいというJRAの要望を受け、オノさんがデザインを考案。108cm四方に4千個の勝負服を並べ、中央には仏語で祝勝の言葉を入れた。

 横浜スカーフの特長である「手捺染」で1色ずつプリントし、16色を重ねた。オノさんは「世界の高級ブランドにも劣らない」と自信を見せる。

 特製スカーフは武騎手にプレゼントされたのと同時に東京競馬場内にある競馬博物館で12月9日まで行われている4千勝記念展で展示。博物館を訪れた武騎手にオノさんがスカーフを手渡すと「とても素敵ですね」と答えたという。非売品だが、オノさんは「横浜スカーフを広めるきっかけになれば」と話す。

 同社は11月22日〜29日に京急百貨店=港南区=である市経済局による女性起業家支援企画「プロモーションウィークス」に参加。主力商品の横浜スカーフを使ったバッグやバンダナなどを展示・販売する予定。

勝負服が並んでいる
勝負服が並んでいる
  • LINE
  • はてぶ

南区版のローカルニュース最新3件

駅直結!桜木町ぴおシティ

創業大感謝祭3月21日~4月7日開催。スクラッチカードやワゴンセールも!

http://www.piocity.com/

らら・むーぶ南

外出で、車いすや車の乗降などの介助、さまざまなお手伝いをしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

らら・むーぶ南

外出で、車いすや車の乗降などの介助、さまざまなお手伝いをしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>