のり・米のプロが語る蒔田の店主、コミハで講座

社会

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • はてぶ
のりについて語る乾さん
のりについて語る乾さん

 のりと米のプロが解説する講座が11月6日、蒔田コミュニティハウスで行われ、主婦ら約30人が参加した。同ハウスの主催で初めての企画。

 蒔田駅そばの「いぬい海苔店」の乾繁さんとスーパー「横濱屋」の米担当店員2人が講師を務めた。横濱屋の店員は用意したコシヒカリ、あきたこまちなど4種類の米の味や粘りの違いを説明。乾さんは熊本や佐賀の焼きのりを提供し、参加者はおにぎりに巻いて味わった。食べた人は、産地によって味が異なることを感じていた。

 当日、同ハウスでは子育てサロンが開かれており、幼児連れの主婦が多く参加。「のりを食べなかった子どもが食べるようになった」「今後は米の味を気にしたい」などの感想が聞かれた。

  • LINE
  • はてぶ

南区版のローカルニュース最新3件

駅直結!桜木町ぴおシティ

創業大感謝祭3月21日~4月7日開催。スクラッチカードやワゴンセールも!

http://www.piocity.com/

らら・むーぶ南

外出で、車いすや車の乗降などの介助、さまざまなお手伝いをしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

らら・むーぶ南

外出で、車いすや車の乗降などの介助、さまざまなお手伝いをしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>