保土ケ谷区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

保土ケ谷区制90周年 ロゴマークを投票で 国大生が原案制作

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 来年10月1日に区制90周年を迎える保土ケ谷区では現在、記念ロゴマークとキャッチフレーズの投票を行っている。各候補作のカルガモの原案は、横浜国立大学の学生が制作した。

 区制90周年事業の一環として行われているこの企画は、「区役所のみならず、区民のみなさん、区内で活動している企業、団体、施設のみなさんと一緒に祝福したい」との思いから。各候補作は、横浜国立大学と保土ケ谷区との連携協力協定に基づき、同大教育人間科学部学校教育課程美術教育講座教授の渡辺邦夫氏が制作した。カルガモのイラスト原案は指導学生が作り、渡辺教授がキャッチフレーズとともに、選考、監修、制作を行った。

 A案は区の鳥・カルガモの親子の遊ぶ様子が描かれ、B案は親子が数字の中を通りぬけ、それぞれ子育て安心、自然豊かな保土ケ谷を象徴し、両案とも母ガモのすみれのリボンがワンポイント。C案には起き上がりこぼしのような逞しい母ガモの頭の横顔に区のシンボルマークが隠されており、D案はカルガモの親子がよちよち歩く平和な光景が、子育て安心、自然豊かな緑の保土ケ谷を象徴している。

 応募期間は10月31日(月)までで、保土ケ谷区内在住、在勤、在学の人が対象。投票した人には抽選で記念品を贈呈。応募方法は、【1】保土ケ谷区制90周年にもっともふさわしいと思うロゴマーク1つとそれを選んだ理由、【2】同じくキャッチフレーズ1つと理由、【3】記念品を希望する人は郵便番号、住所、氏名、年代を記入し、〒240―0001保土ケ谷区川辺町2の9区制90周年記念ロゴマーク部会事務局(区役所広報相談係内)宛て。インターネット(http://www.city.yokohama.lg.jp/hodogaya/90th/logo.html)でも投票可能。また保土ケ谷区庁舎や区民まつり会場でも直接投票することができる。

 発表は来年1月上旬に予定されている。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

5月16日号

三ツ沢をブルーで染める

横浜FC

三ツ沢をブルーで染める スポーツ

6月29日に保土ケ谷区民デー

5月16日号

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業 社会

毎時最大4本程度

5月1日号

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月1日号

豊作願い鍬入れ式

ほどがや元気村

豊作願い鍬入れ式 社会

区内唯一の水田で児童55人

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク