保土ケ谷区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

区独自のエンディングノート テーマは第二の人生の歩み

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
エンディングノートを紹介する区職員
エンディングノートを紹介する区職員

 人生の転機を迎える50代後半から60代の区民が今後のライフプランを考えてもらうきっけかになればと、保土ケ谷区がこのほど「保土ケ谷区版エンディングノート『わたしのこれまで、そしてこれから』」を作成し、区役所高齢・障害支援課や区内に7カ所ある地域ケアプラザで配布している。

 一般的にエンディングノートは人生の最終章を迎えるにあたり、自身の思いや希望を家族などに伝えるもので10年ほど前から耳にする機会が増えてきた。暗いイメージで捉えられがちだが今回、区が作ったノートのテーマは「第二の人生をどう生きるか」。ノートを綴ることで自分の思いをまとめ、その思いを大切な人と分かち合い、つないでいくことに主眼が置かれている。

メインターゲットは50代後半から60代

 冊子はA4判21ページで構成。趣味や特技などを記し自分のことを把握すると同時に、生まれてからこれまでの人生を振り返ることで自身を見つめ直す項目からスタート。資産や相続・遺言に関するページも用意され、介護や医療、葬儀、墓に関する希望を記す項目も盛り込まれている。

 その上で1年後、3年後、10年後の自身の姿を想像し、そのためにどのようなことに取り組むかを記入するページが用意されているのが大きな特徴だという。最後には元気に暮らすためのヒントとなる情報や相談機関などが紹介されている。

 区担当では「ライフプランを考えることはどの世代の人にとっても大切なこと。その中でも今回は人生の転機を迎える世代である50代後半から60代の人たちをメインターゲットとして冊子の構成を考えた」という。

 冊子は今回、約3千部発行され、増刷も見込んでいる。区役所のホームページからダウンロードも可能だ。問い合わせは区役所高齢・障害支援課【電話】045・334・6328へ。
 

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

現職2人と新人が準備

衆院選6区

現職2人と新人が準備 政治

立民・維新・自民の三つ巴か

4月22日号

再生プラでチームグッズ

横浜FC

再生プラでチームグッズ 社会

ボトルキャップ50gで進呈

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter