保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める 佐藤 果南さん 都筑区在住 20歳

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena

いつも笑顔を忘れずに

 ○…「せっかくの記念すべき日。一生の思い出にしたい」。兄や周囲から聞く成人式は、ともすれば儀礼的で話を聞くばかりの場。そんな「静」のイメージを変えるため、「新しい何かをつくりたかった」と率先して委員長に立候補し、出席者も参加できるような企画を考案した。

 ○…専修大学文学部で日本語教育を専攻し、将来の夢は国語の教師と話す。きっかけは高3で受けた恩師の授業。元々、文法や表現と古典が好きだったが、「作品をスクリーンに映すなど、今まで受けたことがないスタイルで面白かった」と感銘を受け、自分もそんな新しく楽しい授業をしたいと教師の道を志した。

 ○…中・高では文化部に所属する傍ら、応援団として活動する一面も。高校では応援団長も務めた。「中学の時は団長になれなかったから、絶対になると決めていた」という熱の入れよう。強い責任感から小道具の準備から動きまで全て背負い込もうと苦労したこともあったが、「分担することの大切さを学べた貴重な経験」と振り返る。応援好きは幼少期から。7歳の頃、家族で埼玉西武ライオンズの試合を観戦し、球場の熱気の虜に。祖父母の家はドームに近く、昨年は8試合を観戦し「金子侑司選手のファン」とにっこり微笑む。

 ○…節目の年のビッグイベントは東京五輪。ボランティアスタッフとして活動する予定だ。昨年のラグビーW杯でもボランティアを経験し、「一年でW杯、成人式、五輪に関われるなんて幸運。来場者をおもてなししたい」と意気込む。「笑いが一番」がモットー。「笑いは周囲も明るくする力がある。受験期などつらいときも笑顔で乗り越えてきた。成人式も新成人の笑顔溢れる式にしたい」と飛び切りの笑顔を浮かべた。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

23歳

10月22日号

堀 功生さん

保土ケ谷区連合町内会長連絡会の会長に就いた

堀 功生さん

初音ケ丘在住 73歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

39歳

9月17日号

三村 大輔さん

保土ケ谷産ワインづくりプロジェクトで原料となるぶどうを栽培する

三村 大輔さん

川島町在住 40歳

9月10日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク