鶴見区版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

地域新聞への一歩 寺尾地区住民らが情報発信

社会

 寺尾と寺尾第二地区の情報を中心に、寺尾地域ケアプラザが発行する広報紙『ひびきあい』の中で、このほど地域住民の製作するページが始まった。「地元の人の顔や、細かな情報がたくさん載る地域の新聞に」と編集委員らは意気込む。

 これは昨年、鶴見区の福祉保健計画『あいねっと』の地区別会議の際、地域の情報発信の必要性などが話されたことがきっかけ。同地区では、情報を一元化するため、『てらお地域情報局(仮称)』を設置。集められた情報を発信する一つが、今回の新聞となる。

 編集にあたるのは18人。自治会関係者や主婦などだ。初となる紙面(写真)は計2ページ。地区内であったイベントのレポート記事などを書き、編集委員の似顔絵イラストも掲載するなど工夫を凝らした。「少しずつ輪を広げながら、良い情報を届けていければ」と編集委員は話す。

 寺尾・寺尾第二地区内の施設ほかで配布されている。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク