鶴見区版 掲載号:2011年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

200年に向け意思紡ぐ 總持寺移転100年

社会

大小様々なな法要があった
大小様々なな法要があった

 曹洞宗大本山總持寺が、石川県能登半島から移転し、11月でちょうど100年を迎えた。同寺では今年「御移転一〇〇年」と位置づけ、様々な法要やイベントを実施。1日から5日までは、記念法要の主となる「御移転一〇〇年報恩法会本法要」として、連日、開祖や移転功労者に対する法要や、東日本大震災物故者追悼などがあった。

  ◆  ◆  ◆

 約700年前、現在の石川県輪島市にあった「諸獄観音堂」が總持寺の前身とされる。1321年に總持寺と改め、翌年に時の後醍醐天皇より「曹洞宗出世の道場に補任」されたことなどから、官寺であり大本山として認められた。

 ◆  ◆  ◆

 大本山として曹洞宗の発展などに取り組んできた同寺だったが、1898年に起こった火災により大部分を焼失。その7年後に貫主となった石川素童禅師が、復興と国際的な禅苑の推進などを考慮し、鶴見移転を決断した。

 現在の貫主・江川辰三禅師は、期間中に行われた石川禅師に対する法要の中で、「色々な問題があり、4年がかりで反対を押し切り英断した。大変なご苦労があったはず」と話した。

  ◆  ◆  ◆

 曹洞宗で大本山と位置づけられているのは、總持寺と福井県の永平寺の2ヵ所のみ。移転から100年がたち、江川禅師は「さらに次の100年に向かって、開祖の意思を継いでいく」と語った。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク