鶴見区版 掲載号:2012年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

寺歴450年光 永 寺 秋彼岸、自ら供養を考える ニーズとらえ、方法多様に

明るく綺麗な納骨堂
明るく綺麗な納骨堂

 一般的に、先祖を供養する期間として知られている秋分の日の前後3日間をさす彼岸。亡き大切な人に思いを馳せることはもちろん、自分の行く末を考える大切な時期とも言えるのではないだろうか。

  ◆  ◆  ◆

 そんな中、「生活や状況に合った供養の形がありがたい」と評判なのが、寺歴450年という歴史を持つ曹洞宗潮田山「光永寺」(荒原光春住職)。同寺では、永代供養がついた納骨堂や墓地、手のひら大の墓石となる石位牌と、現代社会のニーズに合わせた供養の形を提供している。

永代供養の納骨堂

 遺骨を保管することが役割だった納骨堂。だが近年は寺が責任を持って供養する永代供養付きが登場。少子高齢化や晩婚化で「墓を継ぐ人がいない」といったケースも増え、墓地の代わりに活用する人なども増加しているという。

 同寺の納骨堂は12万円〜(年会費・管理費無料)と安価で人気を呼んでいる。

墓地が特別価格

 従来通りの墓地は、彼岸特別価格で販売中。0・45平方メートルサイズのみ永代使用料・墓石(外柵含む)・工事費・彫刻代(1人分)全て込みで117万円〜とお買い得だ。残り区画はわずかとのこと。そのほか、通常価格で0・49平方メートル、0・64平方メートル、0・72平方メートルなどもある。

手元に故人を

 光永寺がこのほど、これまでと違う新しい供養の形として製作したのが、石位牌。長さ約15cm、奥行き約3・5cmの長方形で、筒状のガラス瓶に遺骨が入るというもの。外側は御影石で陶器に焼き付けた写真をはめこみ、生前の本名などを彫ることも可能だという。

 石位牌は、納骨堂、墓地ともにオプションとして提供。墓と位牌、さらに形見までが一つになるため、「手元に置いておけるのがいい」と評判の声が上がる。

 同寺利用者以外でも購入相談可能。詳細は【フリーダイヤル】へ。

  ◆  ◆  ◆

 生前購入も増えているという同寺。秋の彼岸に、地元のお寺に将来のこと相談してみては。いずれも見学無料・随時受付(要予約)。送迎あり。(問)下記【フリーダイヤル】又は【電話】
 

※写真はイメージです
※写真はイメージです
新たに作られた石位牌(記載の名前等はイメージ)
新たに作られた石位牌(記載の名前等はイメージ)

永縁の光 縁の会 光永寺

横浜市鶴見区汐入町2-43-3

TEL:0120-880-824
TEL:045-834-7413

http://www.eien-hikari.com/

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク