鶴見区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜商大が沼田市と協定 学生が観光振興に一役

 横浜商科大学=東寺尾=は2月19日、群馬県沼田市との間に「観光分野での包括的な連携協定」を締結し、群馬県東京事務所で調印式を開いた。今後は学生が同市のイベントに参加するなどして、地域活性化を目指していく。

 地域の観光振興などを専門的に学ぶ貿易・観光学科を持つ同大。所属する学生は、学内の講義だけでなく、地方都市の現地調査なども積極的に行っている。

 今回の協定締結は、同学科で観光地の活性化などを専門としている羽田耕治教授が、かねてから親交のあった同市の観光責任者から、「学生と調査研究に来てみないか」と打診されたことがきっかけ。「単発より組織的に実施した方が効果的なので、とんとん拍子で締結に至った」と羽田教授は話す。

 同市は、群馬県の北部に位置し、人口は約5万2千人。老神温泉をはじめとする観光資源が多くあるものの、地元には観光ノウハウが不足しており、同市は学生の新鮮なアイデアを取り入れ、活性化につなげたい考えだ。

 今後は学生を中心に、毎年5月に同市で行われる「大蛇まつり」をサポートするほか、観光施策の開発提案、宿泊施設でのインターンシップなどを実施する予定だという。

 羽田教授は、「沼田市の課題解決は簡単にはいかないと思うが、市民の声を聞き、解決策を一緒に考えることは、学生たちにとっていい勉強になると思う」と話していた。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク