鶴見区版 掲載号:2013年9月5日号
  • googleplus
  • LINE

ミュージカル出張50回 市民らがボラ公演継続

文化

明るく元気いっぱいなメンバー(写真右下=高城さん)
明るく元気いっぱいなメンバー(写真右下=高城さん)
 神奈川県内の高齢者や障害者施設を訪問し、ボランティアで出張のミュージカル公演を行っている市民団体「よこはまミュージカル牧場」(高城瑞穂代表=人物風土記で紹介)が、市内を拠点に活動中だ。2008年の夏にスタートした活動は、9月14日に行う公演で50回目を迎える。

ほとんどが会社員

 同団体は、宝塚歌劇団OGのショーなどを手がけてきた高城さんが主宰。要望のあった市内各区の地域ケアプラザなどを訪れ、施設利用者らにミュージカルや小説のアレンジ作品を届けている。

 メンバーは公募で募り、現在は約10人。鶴見区や神奈川区、南区から参加し、20代から30代の女性が中心だ。ほとんどが会社員のため、稽古は週1回。宝塚、劇団四季出身の大橋真紀子さんを振付と指導に迎え、練習を重ねている。

全身全霊が好評

 メンバーの中田暖子さんは「『利用者がこんなに長く集中することはあまりないんですよ』と施設のスタッフに言われたこともある。喜ばれるのが嬉しい」と語る。未経験者ばかりだが、全身全霊で表現するパフォーマンスが好評だ。

 「豪華な衣装や立派な設備はないが、笑顔になってもらいたい」と高城さん。「週末ならどこへでも行く。活動の幅を広げていきたい」と話している。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク