鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

子どもの笑顔のために 鶴大ボラが学習支援

社会

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
学びーばで子どもと交流するメンバー
学びーばで子どもと交流するメンバー

 鶴見大学学生ボランティアは、「学びーば」と名付けた、被災地の小学生との交流・学習支援活動を震災後の夏休みから続けている。3月24日の訪問を控え、「子どもたちがいきいきとした場所づくりをしたい」と、代表の森春奈さん=人物風土記で紹介=は意気込む。

 「学びーば」は、学生の長期連休を利用して実施。これまで宮城県気仙沼市の大谷小学校に8回、鹿折小学校に4回訪問している。毎回子どもたちが楽しめる企画を用意し、今回はこいのぼりの染色などで現地の子どもとふれあう予定だ。

「会いに行きたい」

 「テレビを通しての被災地の印象は、暗いイメージだった」。森さんはそう話す。被災地を実際に訪れ、目に入ってきたのが、「小学校にも仮設住宅が残っている」などといった現状だった。

 それでも、「子どもも大人も元気に笑っていた。行かないとわからないことだった」。学びーばでは、名前を憶えてくれる子や、「また来てね」と言ってくれる子がたくさんいるという。「子どもたちが待っててくれる。すぐに会いに行きたい気持ちが芽生える」から、森さんらは今もなお活動を続けている。

 鶴見からでも被災地を思うことはできると、同メンバーは口をそろえる。「今どうなっているのか、TVやインターネットで知ろうとするだけで、被災地を思うことに繋がる」と前田翔平副代表は強調する。

 ボランティア活動は「いつかは終わらないといけない」としつつも、「ニーズがある限り、続けられたら」と森さんは話す。メンバーの活動は、恒例行事として現地にも浸透しつつある。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

今夏の横浜市長選 太田市議(磯子区選出)が出馬意向

【Web限定記事】

今夏の横浜市長選 太田市議(磯子区選出)が出馬意向 政治

IR誘致に反対

1月14日号

横浜市JR鶴見駅前も飲食店8時閉店の「緊急事態」

【Web限定記事】

横浜市JR鶴見駅前も飲食店8時閉店の「緊急事態」 経済

二度目の宣言 経験いかすも厳しい声

1月14日号

消防技術大会で長官賞

安善町共同防災組織

消防技術大会で長官賞 社会

正確な操作などに評価

1月14日号

振り込め未然に防止

振り込め未然に防止 社会

コンビニに感謝状

1月14日号

市民施設は原則20時まで

宣言期間中

市民施設は原則20時まで 社会

1月14日号

横浜市鶴見区 コロナ患者 累計863人に 

【Web限定記事】

横浜市鶴見区 コロナ患者 累計863人に  社会

港北、南、中区に次いで4番目の多さ

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク