鶴見区版 掲載号:2014年3月13日号 エリアトップへ

被災地への祈り届ける 大本山總持寺 復興企画に1千人超

社会

掲載号:2014年3月13日号

  • LINE
  • hatena
観客らに歌声を届ける合唱団
観客らに歌声を届ける合唱団

 東日本大震災の発生から3年を前にした3月8日、大本山總持寺で震災復興企画「祈りの夕べ」があった。

 企画は、同寺や鶴見区文化協会、鶴見大学、鶴見歴史の会などからなる実行委員会が主催。昨年に続き2回目となった。

 当日は、物故者供養と復興祈願法要、復興祈念コンサートが実施された。コンサートには、全日本合唱コンクール全国大会で34年連続金賞という輝かしい実績を持つ、福島県立安積黎明高校合唱団らが出演。伸びやかなハーモニーが会場に響くと、訪れた1千人を超える観客から大きな拍手が上がっていた。

 法要の導師を務めた大本山總持寺貫主の江川辰三禅師は、「丸3年経過したが、被災地では様々な問題や不安が継続している。本当の復興は険しく大変な道のり。一日も早く、安寧に暮らせることをただただ祈っている」とあいさつした。

 また、鶴見大学附属高校2年の鈴木智夏美さんがメッセージを読み上げ、宮城県東松島市で震災の10年前から手製の避難所を作り、70人の命を救った男性のエピソードなどを披露。鈴木さんは「震災で備えることの大事さや、思いやる心の大切さを考えさせられた。教訓を忘れずに、生活していく」と述べた。

 会場に訪れていた男性は、「1年に1度、こうした場で思い出すことは重要だと感じた。また思いを新たにしたい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

プロ招き観劇

生小児童ら

プロ招き観劇 教育

体育館がアラジンに

12月5日号

大銀杏、美しく色付く

大銀杏、美しく色付く 文化

常倫寺 見頃は12月中

12月5日号

ひびきあって30年

上寺尾小

ひびきあって30年 教育

830人で記念式典

12月5日号

人生の最期を考える

人生の最期を考える 社会

在宅ケアネットが勉強会

12月5日号

小学生ら 冒険で税学ぶ

小学生ら 冒険で税学ぶ 社会

法人会青年部 恒例トレハン 

12月5日号

ママ向けワークショップ

ママ向けワークショップ 文化

子育て世代が企画

12月5日号

子どもの課題を考える

子どもの課題を考える 社会

貧困、孤立、NPOが講演会

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク