鶴見区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

座談会で疎開体験語る 生小卒業生20人が協力

社会

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
思い出を語り合う参加者
思い出を語り合う参加者

 第2次世界大戦中に学童疎開を体験した生麦小学校の卒業生と、生麦の住民らが協力して進めている「中井村学童疎開プロジェクト」で、3月15日、体験者を集めた座談会が生麦地域ケアプラザで開かれた。

 プロジェクトは今年6月に創立90周年を迎える同校記念事業の一環で、「疎開先へ感謝を伝えたい」という卒業生の思いからスタート。記憶を映像化した上、教材として活用しようと、1月から住民や小学校による聞き取り調査などが行われており、座談会は5回目の集まりとなった。

調査を集約へ

 同校の集団疎開は1944年8月11日から始まり、神奈川県足柄上郡中井村(当時)に、3年生から6年生までの児童413人と職員16人が行っている。

 当日は体験者20人が参加し、6寺院にわかれて生活した様子を語り合った。

 当時3年生で疎開した塩田力さん(78)は、疎開先から遠足に行った記憶などを絵に描いて持参。絵を見た参加者から「おにぎりを持って行った」などと声が上がり、昔話に花が咲いた。

また、疎開時に書かれた日記も見つかり、披露された。

 調査を進める生麦南上町会の高田尚暢会長は、「人が人を呼び、体験者も増えた。調査は一端終了し、教材としてどうまとめるかなどを検討する」と話す。4月には、体験者を連れて疎開先を訪問する。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク