鶴見区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

絵本でブラジルを身近に 図書館で読み聞かせ

社会

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena
ブラジルのベストセラー絵本の読み聞かせ
ブラジルのベストセラー絵本の読み聞かせ

 ブラジルの絵本の読み聞かせなどを通じて、子どもたちがブラジルを学ぶ「ブラジルと遊ぼうinつるみとしょかん」が6月21日、鶴見図書館=鶴見中央=で開かれた。

 イベントは、サッカーワールドカップが開催され注目が集まっていることや、鶴見は同国につながりのある人々が市内でも多いことなどから、ブラジルを知ってもらおうと企画。鶴見を拠点に、ブラジルを始めとする外国人の生活相談などを行っているNPO法人ABCジャパンの協力のもと、開催された。

 当日は、読み聞かせのほか、ブラジルにまつわるクイズやポルトガル語を学ぶコーナー、同国で人気のアニメ上映なども行われた。参加した兼田彩希さん(小1)は、「アニメやポルトガル語の挨拶を覚え楽しかった」と話していた。

日系人根付く鶴見描く

 鶴見にはなぜブラジルとつながりのある人々が多いのか。読み聞かせでは、その歴史の一端に触れられる絵本が紹介された。

 『リリアン沖縄へ行く』は、ブラジルで日系移民二世の父を持つ女の子・リリアンが、祖父母の故郷である沖縄を訪れ、家族の話から移民の歴史や沖縄の文化を学んでいくストーリー。その中で、鶴見はリリアンのおじが暮らす街として登場する。

親戚頼り出稼ぎ

 日本からブラジルへ移民が始まった1908年当時、沖縄からも多くの人々が豊かな暮らしを求めて海を渡った。その後過酷な労働にも耐えながら、沖縄県移民は現地に適応し、現在も15万人の沖縄系コミュニティがあると言われている。

 戦後1990年以降、ブラジルから多くの日系人が出稼ぎのため来日。もともと沖縄からの移住者が多かった鶴見には、親戚を頼って日系人がやって来るようになっていった。

 作者の一人である金城さつきさんは沖縄県出身。移民の歴史を知る機会が少ない子どもたちのために、「楽しみながら学べる本を作りたかった」という。「この本が鶴見と世界を見つめ直す機会になれば」と金城さんは話している。

 本は、今後鶴見図書館で閲覧可能になる予定。

絵本『リリアン沖縄へ行く』
絵本『リリアン沖縄へ行く』

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

高津区の被災企業へ寄付

マルハチ 台風支援ライブ

高津区の被災企業へ寄付 社会

11月14日号

夢ひろば大盛況

夢ひろば大盛況 社会

1千人パレードも

11月14日号

聴き上手で会話楽しむ

聴き上手で会話楽しむ 社会

12月2日に講座

11月14日号

市役所でコンサート

市役所でコンサート 文化

区内奏者が出演

11月14日号

12日から申込始まる

12日から申込始まる スポーツ

親子仮装と一般

11月7日号

笑いで税を考える「法人劇場」20日に

商店街でハロウィーン

商店街でハロウィーン 社会

親子らでにぎわい

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク