鶴見区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

振り込め防止に感謝状 郵便局など、3機関4人に

社会

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受け取る対象者
感謝状を受け取る対象者

 オレオレ詐欺や還付金詐欺を未然に防いだとして、10月21日、横浜栄町郵便局の野崎由美さん、横浜矢向郵便局の土屋幸夫さん、横浜信用金庫市場支店の水間菜緒さんら3人と、ローソン鶴見市場店と各金融機関に対し、鶴見警察署(石川光美署長)から感謝状が贈られた。手渡した石川署長は、「最後のところで被害者にならずに済んだ」とそれぞれの活躍に感謝の言葉をかけた。

 各店とも被害の防止は初めて。よく来店するという60代夫婦に応対した野崎さんは、「定額貯金を解約したいと来られた。用紙を書く手が震えていておかしいと思った」と振り返る。以前から鶴見署の指導を受けていたこともあり、上司と連携して引き止めたという。

 息子を名乗る犯人から、「会社の監査で金が必要」と言われた60代夫婦が来店した矢向郵便局。話を聞いた土屋さんは、詐欺だろうと判断し、変わる前の番号にかけるように説得した。「これまで被害が数件出ていたので、強く心掛けていた」と話す。

 振り込め詐欺の被害者としては比較的若い、50代と見られる女性への被害を防いだ水間さんは、「電話しながらかけ込んで来た。順番待ちの番号も引かなかった」と、不自然な様子を注視。女性から「本店に中野さんという方いますか?」と尋ねられ、詐欺だと気づいたという。

 60歳前後の女性が電話で話しながらATMを操作していたため、不審に思ったというローソン鶴見市場店の鈴木裕二さん。電話をかわり、犯人と話すなどしたが、女性は信じなかったという。「他のスタッフと協力して説得した。信じ切っている相手に対して話をするのは、なかなか大変だと感じた」と、現場での対応の難しさを語った。

件数は県下最多

 鶴見署によると、10月21日現在、区内のオレオレ・還付金・架空請求・融資保証の詐欺の認知件数は、今年に入り54件で、被害金額は1億8千万。同署は「自分は大丈夫と思わず、誰かに相談を」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

希望の花火、鶴見でも

【Web限定記事】横浜市鶴見区

希望の花火、鶴見でも 社会

コロナ収束願う一斉企画 總持寺が会場に

6月4日号

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

フェイスシールドで支援

【Web限定記事】横浜市鶴見区

フェイスシールドで支援 社会

区内NPO 医療機関にフレーム提供

6月4日号

オンライン上で写真展

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンライン上で写真展 文化

サルビアホール 作品募集中 

6月4日号

美味しい鮮魚もドライブスルー

所属委員会が決定

県議会

所属委員会が決定 政治

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク