鶴見区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

東部病院で災害医療訓練 440人が協力、連携

社会

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
模擬患者を囲む救急隊や医療関係者
模擬患者を囲む救急隊や医療関係者

 県から災害拠点病院として指定されている済生会横浜市東部病院=下末吉=で1月18日、災害医療訓練が行われた。訓練には職員に加え、近隣病院や区役所、警察などの行政機関のほか、地域住民ら約440人が参加し、患者の受け入れや搬送など、災害時の連携を確認した。

各機関が役割確認

 災害医療訓練は、同院が2007年の開院以来継続しているもの。市が各区に設置している災害医療連絡会議の中で協力を呼びかけ、今回初めて区内5病院や区災害ボランティアネットワークなどが参加。災害対策本部となる区役所や、区医師会の開業医などとの通信訓練なども同時に行われた。

 また、外部の災害派遣医療チーム(DMAT)も駆けつけ、区内佐々木病院へ模擬患者の搬送を実施。鶴見警察署が病院に入り、状況を県警本部に連絡するなど、それぞれが役割を確認しながら連携した。

 東部病院救急科の山崎元靖副部長は、「これだけ大規模な訓練は初めて。課題もわかり、有意義だった」と充実感をにじませた。

 市の想定では、最も被害の大きいM8・1の元禄型関東地震が発生した場合、区内で死者273人、負傷者1771人と予測されている。山崎副部長は、「一病院で支えられる数ではない。それぞれの機関が連携することが重要になる。災害は区単位では来ないので、今後は区外の機関なども巻き込み、より実践的にできれば」と話した。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter