鶴見区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

難病の思いわかち合う 定期交流の場「あじさい会」

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
東太田さん(中央奥)に合わせ体操する参加者
東太田さん(中央奥)に合わせ体操する参加者

 「手と足を同時に動かすなど、少し難しさをプラスすると、やる気物質のドーパミンが出て、病気にいいんです。ではリズム体操をやってみましょう」――

 これは、鶴見区が行っている、区内周辺に住む神経系難病患者とその家族を対象とした交流会の一幕だ。

 「あじさい会」と名付けられた交流会は、毎月1回実施。パーキンソン病や運動ニューロン病などの神経系難病患者に、快適な療養生活を送るための情報交換や、外部講師を招き、機能維持・向上を目的とした運動・リラクゼーション法などを提供する場として開かれている。

「いきがいみたい」

区担当者によると、会には毎回10人前後が参加しているという。

 2月18日にあった今年度11回目には、リハビリを専門とする理学療法士の東太田賢作さん=人物風土記で紹介=が講師として参加。日常生活動作のための講話や、リズム体操などが行われた。

 毎月参加しているという女性は、「もう10年くらい来ている。同じ思いをしている人となかなか出会う機会がないから楽しい。いきがいみたいなもの」と笑顔を見せていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク