鶴見区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

鶴見区民 「安心さ」など、満足度最低に 市民意識調査で判明

社会

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 2014年度の横浜市民意識調査の結果がこのほど公表され、鶴見区民は「緑や自然などの豊かさ」「景観のよさ」「防災・防犯」について、市内で最も満足していないことがわかった。 市民意識調査は、政策立案や市政運営に役立てようと、市が毎年行っているもの。調査は昨年5月から6月に行い、20歳以上の2224人から回答を得た。このうち鶴見区民は177人。

3項目で最も低く

 周辺環境の総合評価では、暮らしやすいと答えた区民は75・1%で、市内18区中10番目。一方で、項目ごとに周辺環境の満足度を問う設問では、12項目中3項目で市内18区中最低の満足度となり、2番目、3番目となった項目がそれぞれ1項目あった。

 最低となったのは、「緑や自然やオープンスペースの豊かさ」(32・8%)、「まちなみなどの景観のよさ」(28・8%)、「防災・防犯などの安心さ」(28・2%)。中でも「防災・防犯」は市内で唯一3割を切る結果となった。

 また、「保育所や公演などの子育ての環境のよさ」の満足度が、西区に次いで2番目に低い32・8%、「周辺の静けさ」の満足度は56・5%で、西区、南区に次いで3番目に低かった。

 区区政推進課担当者は特に防災について触れ、「地域で熱心に自助共助の取組を進めて頂いている。多くの人に意識を高めてもらえるように区としても取り組んでいきたい」と分析した。

居住10年未満5割

 ここ数年でマンション建設が増加している区内は、10年未満の居住者が48・6%と5割近くに達し、市内では西区、中区に次いで3番目の多さだった。前住所は川崎市からの流入が15・3%と、青葉区に次いで2番目に多く、市内の別の区からの流入よりも多いことがわかった。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook