鶴見区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

ごみ削減で局長感謝 区自治連の取組に評価

社会

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受けた小山会長(中央)と葛西局長(写真右/左は征矢雅和区長)
感謝状を受けた小山会長(中央)と葛西局長(写真右/左は征矢雅和区長)

 ごみと資源の総排出量抑制などに取り組む市の計画「ヨコハマ3R夢プラン」の第一期推進計画(2010年〜13年)において、ごみの減少に寄与したとして、鶴見区自治連合会(小山和雄会長)が6月12日、市資源循環局の葛西光春局長から感謝状を贈呈された。

 3R夢(スリム)プランは、10年度まで実施していた行政や市民協働のごみ処理計画「横浜G30プラン」が終了したことを受け、11年1月に策定されたもの。基準となる09年度と比較し、25年までにごみと資源の総排出量10%減を目標としており、市全体では第二期現在、4・9%減となっている。

 一方、区内では昨年度目標として、一人一日あたりの排出量(重さ)となる原単位を40g減の623gと設定。09年から人口が約1万1千人増加しながらも、43g減620gと達成していた。

 葛西局長は、「市民一人ひとりのおかげで減っている。日常の生活の中に、ごみを減らすということが根付いてきた。さらに協力してもらえれば」と話した。

 感謝状は2月から市内18区に贈られているもので、区内では市の委嘱を受ける環境事業推進員も3月に感謝状を受けている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter