鶴見区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

ごみ削減で局長感謝 区自治連の取組に評価

社会

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受けた小山会長(中央)と葛西局長(写真右/左は征矢雅和区長)
感謝状を受けた小山会長(中央)と葛西局長(写真右/左は征矢雅和区長)

 ごみと資源の総排出量抑制などに取り組む市の計画「ヨコハマ3R夢プラン」の第一期推進計画(2010年〜13年)において、ごみの減少に寄与したとして、鶴見区自治連合会(小山和雄会長)が6月12日、市資源循環局の葛西光春局長から感謝状を贈呈された。

 3R夢(スリム)プランは、10年度まで実施していた行政や市民協働のごみ処理計画「横浜G30プラン」が終了したことを受け、11年1月に策定されたもの。基準となる09年度と比較し、25年までにごみと資源の総排出量10%減を目標としており、市全体では第二期現在、4・9%減となっている。

 一方、区内では昨年度目標として、一人一日あたりの排出量(重さ)となる原単位を40g減の623gと設定。09年から人口が約1万1千人増加しながらも、43g減620gと達成していた。

 葛西局長は、「市民一人ひとりのおかげで減っている。日常の生活の中に、ごみを減らすということが根付いてきた。さらに協力してもらえれば」と話した。

 感謝状は2月から市内18区に贈られているもので、区内では市の委嘱を受ける環境事業推進員も3月に感謝状を受けている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク