鶴見区版 掲載号:2015年9月17日号
  • googleplus
  • LINE

小田原疎開した矢向児童 江ヶ崎町在住 黒川 宏さん

社会

記憶をたどる黒川さん
記憶をたどる黒川さん

 「空が騒がしいな」。当時8歳だった黒川宏さん(81)が空を見上げると、爆撃機が弧を描いていた。1942年、黒川少年にとってそれが「戦争とふれあう第一弾だった」

 関東配電(現在の東京電力)の事業所や新鶴見操車場が置かれ、戦時中は流通の拠点でもあった江ヶ崎町。44年には矢向国民学校が開校したが、爆撃の標的にされやすいとあってその年の8月に初等科の3年生から6年生は集団疎開で故郷を離れることとなった。

 「寂しい気持ちはなく、ちょっとした遠足気分だった」。当時同校の5年生だった黒川さんは振り返る。疎開先は小田原市の桜井村。村長もお出ましの盛大な歓迎に、子どもながら驚いたという。

寂しさに涙する下級生

 しかし、大変なのはそこからだった。「お腹がすいてしょうがなかった」。出てくる食事は少しの麦飯と味噌汁。食べ盛りの子どもにはとても足りなかった。

 集団疎開に耐え切れず実家へと帰った下級生も。ある4年生の女の子は「父乗せた電車消えゆく枯野かな」と一句詠んだ。「よく心情を表しているよ」。俳句の先生をしていた父は時折指導に疎開先まで訪れ、母はおにぎりなどを作って持参してくれた。両親の愛情にふれていただけに、その女の子の気持ちは痛い程わかった。

 家を焼かれ、空腹を耐えしのいで生き延びたおかげで、忍耐力は身についた。それでも「戦争は無駄なこと」と言い切った。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

4/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海でヨットに乗船を

海でヨットに乗船を

KMC横浜ジュニア 小中学生向け体験会

4月15日~4月15日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク