鶴見区版 掲載号:2015年10月15日号 エリアトップへ

(PR)

かかりつけ医ふれ鶴 脳梗塞は突然起こる 予防や検査法を解説

掲載号:2015年10月15日号

  • LINE
  • hatena
馬場泰尚医師
馬場泰尚医師

 「ふれ鶴」の愛称で親しまれているかかりつけ医「ふれあい鶴見ホスピタル」で10月23日午後1時から、一般市民向けの無料医学講座が開かれる。

 講座は同院が地域住民に医療・介護の知識を深めてもらおうと医師や専門職を講師に毎月開講している。

 今回は、前半を脳梗塞の予防法について、後半を脳梗塞の一因となる動脈硬化の検査法について、帝京大学教授で同院神経内科の馬場泰尚医師と検査科の大道寺桂子氏がそれぞれ解説。

 脳梗塞は、脳へ血液を送る血管(動脈)がつまることで起こる病気。「青天の霹靂のように発症するのが最大の特徴。未然に予防法を知っておいてほしい」と馬場医師は話す。

 血管が硬くなり血液の流れが悪くなる動脈硬化は脳梗塞と深いつながりがある。「脳梗塞や心筋梗塞を予防するためにも、検査は重要」と大道寺氏は呼びかけている。参加無料。予約不要で当日直接同院総合受付へ。講座終了後、無料の健康チェックも開催。

ふれあい鶴見ホスピタル

横浜市鶴見区東寺尾4-4-22

TEL:045-586-1717

http://www.fureai-g.or.jp/tsu/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿 歯周病対策新型コロナにも

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク