鶴見区版 掲載号:2016年1月7日号 エリアトップへ

交流施設開館へ準備着々 矢向・江ヶ崎住民ら主体で

社会

掲載号:2016年1月7日号

  • LINE
  • hatena
上棟式で餅まきをする住民ら
上棟式で餅まきをする住民ら

 矢向・江ヶ崎の住民交流施設が、この4月に新鶴見小学校そばの敷地に開館予定だ。施設は、地元住民らが企画し準備が進められているもので、昨年12月には上棟式も終えた。「完成まで自分たちの手で作り上げていきたい」と住民らは意気込んでいる。

 施設は、鈴木憲三矢向地区連合町内会会長らが発起人となり計画。地域に残る古い農具などの歴史資料を公開しようと企画された。

 昨年2月には、市民主体の整備提案に横浜市が助成する「ヨコハマ市民まち普請事業」に認定。多世代の交流スペースや資料展示コーナーなどを設けた、平屋建て総面積35・89平方メートルの施設を作る。

 昨年12月19日に建設現場で行われた上棟式には、新鶴見小、矢向小児童や保護者約85人が参加し、建物の安全を祈った。設計・施工を担当する(株)睦建設も出席し、「皆さんに喜んでもらえるものを作りたい」と気持ちを新たにしていた。

 今後は小学校の父兄らとともに施設へ水道管を引く作業や、建築費となる協賛金への協力を呼び掛ける。「協力の輪をこれからも少しずつ広げていきたい」と住民らは話していた。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

任期1年 議案など審議

5月19日号

仲通で田植え体験

仲通で田植え体験 社会

盛り上げ隊が子ども向けに

5月19日号

活動報告をデジタル化

市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

参院選神奈川選挙区

幸福実現党から壹岐氏 政治

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook