鶴見区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

区内高校生ら 石巻・被災生徒と交流 防災ともに考える

社会

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena
交流を深める生徒
交流を深める生徒

 宮城県立石巻西高校の生徒と、鶴見高校、鶴見総合高校の生徒らが防災を考える研修交流会が3月19日、鶴見総合高校で開かれた。

 防災研修は、県内各地で防災セミナーやボランティア養成講座を開く、NPO法人神奈川災害ボランティアネットワークが主催。次世代へ震災の教訓を伝えていくため、若者に防災への理解を深めてもらおうと、企画された。

 当日は、石巻西高から5人、鶴高生7人、鶴総生14人のほか、県内高校生が参加し、総勢42人が交流。

 石巻西高生は、東日本大震災での被災体験を発表。女川で被災した生徒は、震災後、津波の被害を最小限にするための防災対策を企画。地元の浜に、津波の最高到達地点を表す石碑建設を進めているという。「たくさんのものを失ったが得たものもある。今も女川の海が好き」と復興への思いを語っていた。

 2014年から石巻西高と交流し、被災地ボランティアを継続している鶴高は、これまでの活動を報告。また、同校が取り組む、災害への備えを句にした「防災カルタ」を、参加者で作るグループワークもあった。ボランティアネットワークの河西英彦さんは、「防災知識を次世代へつなげていく方法をお互いに考えてもらえれば」と話している。

鶴見区版のローカルニュース最新6

史季の郷が最終提案へ

史季の郷が最終提案へ 社会

市「まち普請」、ライブ配信も

1月27日号

施設等は休止せず

施設等は休止せず 社会

市 まん防期間の対応発表

1月27日号

下末吉に花と福祉の事業所

下末吉に花と福祉の事業所 社会

交流、成長促す「こもれび」

1月27日号

変化に対応し、一丸に

変化に対応し、一丸に 社会

鶴見区工業会が賀詞交換会

1月27日号

横浜スカーフ大使募集

横浜スカーフ大使募集 文化

魅力を県内外にPR

1月27日号

生麦で青空市

生麦で青空市 経済

1月30日に 

1月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook