鶴見区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

馬場在住千葉さん 柔道マスターズ3階級制覇 サンボに続き2競技達成

社会

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
優勝メダルを掲げる千葉さん
優勝メダルを掲げる千葉さん

 馬場在住の千葉記位(のりたか)さん(42、京浜急行電鉄(株))が、6月19日、講道館=東京=で行われた日本ベテランズ国際柔道大会(第13回日本マスターズ柔道大会)のM3クラス81kg級を制し、同大会3階級制覇を達成した。

 大会は、30歳以上の柔道愛好家が、5歳刻みにわかれた各クラスで体重別に戦う。現役時代に名を馳せた選手なども出場する大会で、今回は、国内648人、海外28人が参加した。

「みんなに感謝」

 これまで千葉さんは、2008年の第5回大会90kg級、アジアグランドマスターズと名の付いた10年の第7回では100kg級で優勝。今回は3階級制覇とともに全年代での優勝もかかっていた。

 「一生涯、命がけで向き合えるものに出会えたことに福運を感じている。家族や職場など、応援してくれたみんなに感謝したい」と喜びを表した。

背中で見せる戦い

 幼いころから柔道を始めた千葉さん。五輪代表の選考会に出場できるまでになったが、28歳で夢破れ、引退していた。

 その5年後、33歳のときにレスリングと柔道を合わせた総合格闘技・サンボに挑戦。11年までに史上初の3階級制覇を達成したが、4階級に挑んだ翌年、準優勝で一線を退いていた。

 数年間、高いレベルの大会から遠のいていた中、挑戦した背景には、一人息子の健志朗くん(9)や、柔道教室の教え子らの存在があった。

 「あの人昔は強かったは嫌だった。背中で見せたいと思った」。2競技で3階級制覇を達成できる立場にあるという運命を感じ、「挑戦したい」と考えたという。

 次に狙うのは、秋にアメリカで行われる世界大会。千葉さんは「世界一を目ざす」と闘志を燃やしている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

初の制作展が中止

寺尾中影絵部

初の制作展が中止 文化

生徒の力作 コロナで断念

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

区内イベント等中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク