鶴見区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

生麦の伝統芸能一堂に 認知度上げ、継承に繋ぐ

文化

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
カヤで編んだ20mの大蛇をかつぐ「蛇も蚊も」
カヤで編んだ20mの大蛇をかつぐ「蛇も蚊も」

 生麦の歴史や文化の調査研究などを目的とした生見尾発見塾の2回目「生麦の伝統芸能を繋ぐ」が、7月3日(日)午後3時〜、キリンビール横浜工場総合棟のホールで行われる。地元に伝わる伝統芸能の保存団体らが一堂に会し、各団体の紹介や継承をテーマに語る座談会などを実施する。

 地域を見直し、埋もれた歴史や文化を継承しようと、住民らが組織する「生麦の道100年紀委員会」主催。地元の芸能を知ってもらうことなどが狙いだ。

 当日参加するのは、民謡形式の一つ生麦甚句保存会、奇祭と呼ばれる蛇も蚊も保存会(原地区・本宮地区)、生麦囃子保存会、伝統仏事である双盤講、放生会の6つ。第一部では各団体の実演を含めた伝統芸能の紹介、第二部は座談会を実施する。午後5時からは懇親会(1千円・事前予約)が開かれる。

 懇親会以外は参加無料・予約不要。午後2時半から受け付ける。

 問合せ・申込みは、同委員会事務局・高田さん【電話】508・7433、【メール】naonobutakata@gmail.com。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

初の制作展が中止

寺尾中影絵部

初の制作展が中止 文化

生徒の力作 コロナで断念

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

区内イベント等中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク