鶴見区版 掲載号:2017年2月2日号 エリアトップへ

ロボットとの共生考える 鶴総生 体験通し未来学ぶ

教育

掲載号:2017年2月2日号

  • LINE
  • hatena
ペッパーと触れあう女子生徒ら
ペッパーと触れあう女子生徒ら

 県立鶴見総合高校で1月27日、仕事とロボットを考える授業が行われ、介護福祉基礎を受講する2・3年生35人が、実際に介護現場などで活躍中のロボットと触れあった。

 授業は、県央地区のさがみロボット産業特区をもつ県の「ロボット体験キャラバン」の一環。2015年度からスタートしたキャラバンは、介護福祉施設などの現場がメインだが、将来の担い手となる高校もターゲットとしている。

 今回は、全国各地で福祉ロボット体験の出前講座を実施している(一財)日本福祉力検定協会と連携。同協会が学校に声をかけ実現した。

会話は人間同士がいい

 当日訪れたロボットは、クイズや歌、ダンスなどもできる小さな人型のパルロ、装着型動作補助装置のマッスルスーツ、ソフトバンクのペッパーなどの5つ。また、区内末広町のWHILL(株)も協力し、同社が手がける最先端車イスの試乗体験もあった。

 生徒たちは事前に、県が専門家監修のもと製作した、2028年の未来を描いたアニメを鑑賞。授業ではロボットたちの機能や活用例などの説明を聞き、体験した。

 同協会の講義で、将来、ロボットに置き換わる職業などを学んだ生徒は、体験を通して人間にしかできないことなどを考察。「気持ちを考えて話す」「アイコンタクト」などを挙げ、人間の方が価値があるものとしては、「会話は人間同士がいい」との声があった。

 県担当者は「空想の世界の話ではなくなっている。ロボットは作るだけでは普及せず、使う人の成長も必要」と総括。生徒に向け、「今後社会に出たとき、ロボットを使った新しい仕事が必ず出てくる。そのときはぜひチャレンジを」と語った。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

「愛着」向上を目ざす

鶴見区運営方針

「愛着」向上を目ざす 社会

地域強化、経済活性など柱に

5月23日号

東台小で「ホームカミング」

東台小で「ホームカミング」 社会

同窓会 会員増強へ企画

5月23日号

所属委員会が決まる

鶴見区選出市会議員

所属委員会が決まる 政治

任期一年、議案など審議

5月23日号

留学生が研究発表

留学生が研究発表 教育

独自視点で日本語る

5月23日号

誠実な活動で恩返しを

誠実な活動で恩返しを 政治

公明党 尾崎 太さん

5月23日号

市民の声を政治へ

市民の声を政治へ 政治

無所属 井上 桜さん

5月23日号

水道道で歌い続けて10年

水道道で歌い続けて10年 文化

男性合唱団 地域ボラも

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

二大スターが競演

二大スターが競演

豪華ハワイアンステージ

6月30日~6月30日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク