鶴見区版 掲載号:2017年8月3日号 エリアトップへ

馬場で安全運転講習会 返納考える機会に

社会

掲載号:2017年8月3日号

  • LINE
  • hatena
まちがいさがしゲームをする参加者
まちがいさがしゲームをする参加者

 全国で高齢者の事故が相次ぐ中、鶴見警察署は昨年11月から免許証の自主返納に力を入れている。その一環として地域ケアプラザと協力し、講習会を企画。7月27日、馬場地域ケアプラザで講習会が開かれた。事故に絡んだ70歳以上の人に手紙を送り、その差出数が多い地域を回っている。初めは6月に駒岡で行われ、今回は2度目。

 今年に入り、7月27日までの区内の死亡事故は3件。また、高齢者に関わる事故は116件で、全体の34%を占める。馬場地域周辺の事故多発地域は北寺尾の交差点や東寺尾付近で、巻き込みや追突事故が多いという。

 講習会には約30人が訪れ、動画で初心者ドライバーとベテランドライバーの視線の動きを比較したり、目の周りを鍛えるために間違いさがしなどのゲームをした。

 参加した馬場在住の田口泰子さん(73)は自主返納を考えており「車関係の仕事をしていて、家族には大丈夫じゃないかと言われるが、何かあってからでは遅い」とその重要性を話していた。同署交通課の坂入典子さんは「身分証明になる経歴証明書を代わりに作ることもできる。車は頭も体も使う大変な乗り物。返納の選択肢も考えてほしい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

希望の花火、鶴見でも

【Web限定記事】横浜市鶴見区

希望の花火、鶴見でも 社会

コロナ収束願う一斉企画 總持寺が会場に

6月4日号

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

フェイスシールドで支援

【Web限定記事】横浜市鶴見区

フェイスシールドで支援 社会

区内NPO 医療機関にフレーム提供

6月4日号

オンライン上で写真展

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンライン上で写真展 文化

サルビアホール 作品募集中 

6月4日号

美味しい鮮魚もドライブスルー

所属委員会が決定

県議会

所属委員会が決定 政治

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク