鶴見区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

神奈川県 認知症支援で独自マーク 区内介護者の要望契機に

社会

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
製作されたマークを囲むおりづる会メンバーと学生ら
製作されたマークを囲むおりづる会メンバーと学生ら

専門学生がデザイン

 区内を拠点に活動する鶴見区介護者の会「おりづる会」の要望をきっかけに、神奈川県が独自に製作を進めていた「認知症の人と家族を支援するマーク」がこのほど完成した。同会メンバーらは、県の依頼を受けてマークをデザインした、学校法人岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校の生徒と懇談。「素晴らしいデザイン。鶴見区や市内に発信していく」と感謝した。

 マーク=写真中央=は、認知症の頭文字のNをパズルのピースに見立て、持つ人が認知症患者の不安を埋める役割になることを表現。温かな心遣いをハートに込めた。包括協定を結ぶ県が学校側に依頼し、応募のあった68点から選ばれた。学生らは今回、県の認知症施策の普及啓発用ガイドブックなども作成した。

つけやすさ望む

 同会が県に独自マーク製作などの要望書を提出したのは、2015年3月。認知症支援者の証として、全国キャラバン・メイト連絡協議会が展開する腕輪型のオレンジリングの着用率の低さを感じてのことだった。

 認知症サポーター養成講座の修了者は区内だけでも1万3千人に上るが、「つけている人が少ない」と、同会メンバーは誰でもつけやすいものを要望。実現したマークを見た同会代表の川合桃江さんは「目立つしわかりやすい。つけるのが楽しみ」と歓迎した。

 県は今後、バッジなどのグッズを製作予定。広く普及を図っていくとし、同会も協力する姿勢を示した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

国際女性デーにフェス

横浜JC

国際女性デーにフェス 社会

西山茉希氏らが登壇

2月20日号

蕎麦打ちで地域貢献

おっさんネットワークつるみ

蕎麦打ちで地域貢献 文化

潮田ケアプラで実演

2月20日号

菜の花が満開

リバーサイドガーデン

菜の花が満開 文化

2月20日号

“寺尾城”ひもとく

地元の歴史に光

“寺尾城”ひもとく 文化

2月20日号

一目でイベント情報

市内商店街

一目でイベント情報 経済

専門学校生がサイト作成

2月20日号

「横浜の体験」を返礼品に

市ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月1日から23品目追加

2月20日号

ガイドボラ募集

ガイドボラ募集 社会

工場見学に同行

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク