鶴見区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

プール水500トン 消火用に ザバス鶴見と消防が覚書

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
覚書を掲げる同社の山内和人第1運営部長と齋藤署長
覚書を掲げる同社の山内和人第1運営部長と齋藤署長

 鶴見消防署(齋藤俊彦署長)と「ザバススポーツクラブ/鶴見」=豊岡町=を運営する(株)明治スポーツプラザがこのほど、大規模災害発生時に、同クラブのプール用水544・7トンを消火用水として活用することなどを盛り込んだ覚書を締結した。

 ザバス鶴見は、前身のアクア鶴見から約30年、鶴見駅西口そばで運営されているスポーツクラブ。同社はセントラルスポーツ(株)の連結子会社で、「全社挙げ、地域にできる限り貢献していこうとする中で、すぐに快諾した」と締結に至った。

 覚書の内容は、災害発生時などに、施設内に2カ所あるプール用水と、併設する屋外駐車場を一時避難場所として活用するというもの。駐車場は43台分あり、同社は「非常時には利用を制限する予定はないので、施設内も含め柔軟に対応する」と話す。

防火水槽13基分

 鶴見署によると、民間プール活用の覚書は区内で二例目。今回の水量544・7トンは、1基で40分間放水が可能となる公園などの防火水槽40トンの13・6基分に相当するという。

 齋藤署長は「周辺は駅に近く、住宅街も広がる地域。的確に活動するために大変効果的」と感謝。消防団も交えた合同訓練の実施も呼びかけ、さらなる連携強化を図る考えも示した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

即興の絵を競う

即興の絵を競う 文化

ライブペイント企画 30日に

10月21日号

電話録音機を貸出中

電話録音機を貸出中 社会

詐欺防止に活躍

10月21日号

歴史学ぶ連続講座

歴史学ぶ連続講座 文化

11月6日と13日に

10月21日号

「大切な資産を守るため」

「大切な資産を守るため」 社会

神奈川銀行に聞く

10月21日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

還付金詐欺が増加傾向

区内振り込め等

還付金詐欺が増加傾向 社会

非接触の手口を利用か

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook