鶴見区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

プール水500トン 消火用に ザバス鶴見と消防が覚書

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
覚書を掲げる同社の山内和人第1運営部長と齋藤署長
覚書を掲げる同社の山内和人第1運営部長と齋藤署長

 鶴見消防署(齋藤俊彦署長)と「ザバススポーツクラブ/鶴見」=豊岡町=を運営する(株)明治スポーツプラザがこのほど、大規模災害発生時に、同クラブのプール用水544・7トンを消火用水として活用することなどを盛り込んだ覚書を締結した。

 ザバス鶴見は、前身のアクア鶴見から約30年、鶴見駅西口そばで運営されているスポーツクラブ。同社はセントラルスポーツ(株)の連結子会社で、「全社挙げ、地域にできる限り貢献していこうとする中で、すぐに快諾した」と締結に至った。

 覚書の内容は、災害発生時などに、施設内に2カ所あるプール用水と、併設する屋外駐車場を一時避難場所として活用するというもの。駐車場は43台分あり、同社は「非常時には利用を制限する予定はないので、施設内も含め柔軟に対応する」と話す。

防火水槽13基分

 鶴見署によると、民間プール活用の覚書は区内で二例目。今回の水量544・7トンは、1基で40分間放水が可能となる公園などの防火水槽40トンの13・6基分に相当するという。

 齋藤署長は「周辺は駅に近く、住宅街も広がる地域。的確に活動するために大変効果的」と感謝。消防団も交えた合同訓練の実施も呼びかけ、さらなる連携強化を図る考えも示した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

世界レベルの技を披露

区内在住ジャグラー

世界レベルの技を披露 スポーツ

潮田地区センで26日

1月23日号

災害ボラ受入を体験

災害ボラ受入を体験 社会

区民ら140人が訓練

1月23日号

推進の集い2月22日に

福祉保健計画

推進の集い2月22日に 社会

1月23日号

親子の広場が移転

親子の広場が移転 教育

 馬場キッチュ 耐震問題を解決

1月23日号

園児の踊りで元気に

園児の踊りで元気に 社会

潮田西部社協が交流会

1月23日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク