鶴見区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

在宅ケアの情報共有 医療・介護から約150人

社会

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
講演を聴く参加者
講演を聴く参加者

 区内病院・診療所の医師や歯科医師、訪問看護師、ケアマネジャーなど、在宅ケアにかかわる職種の連携を目的とした「つるみ在宅ケアネットワーク」の勉強会が3月12日、済生会横浜市東部病院で行われた。

 同ネットワークは、区医師会の在宅部門が発案。顔の見える関係を築き、鶴見の在宅ケアを支えようと、2010年に発足した。年に2回の勉強会に加え、一般市民向けの企画なども行っている。

 第17回目となる会には、区内の医療・介護職に従事する約150人が参加。うしおだ総合ケアセンターの松尾ゆかり氏を講師に、経済的困難者の医療支援などを学んだ。

 また、東部病院救命救急センターの山崎元靖センター長による「救急現場での心肺蘇生のあり方」についての講演のほか、薬剤師会や歯科医師会、区役所など各団体からの情報提供もあった。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

区賀詞交換会、盛大に

区賀詞交換会、盛大に 文化

区民580人で祝う

1月16日号

聖火リレーのルート発表

東京2020

聖火リレーのルート発表 スポーツ

横浜市内は7月1日に走行

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

青少年入店など防止徹底

青少年入店など防止徹底 社会

遊技場組合 パチンコ店巡回

1月9日号

鶴大杯 元宮が優勝

寺尾城にせまる大企画

寺尾城にせまる大企画 文化

歴史と文化学ぶ新イベント

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク