鶴見区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

さようなら90周年 実行委員会が解散へ

社会

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
佐藤会長(左)へ目録を手渡す小山委員長
佐藤会長(左)へ目録を手渡す小山委員長

 鶴見区一丸で区制90周年を祝おうと、一昨年に発足した鶴見区制90周年記念事業実行委員会の最後の委員会が、3月16日、区役所で開かれた。7回目となった会には実行委員らが一堂に会し、一年に及んだ数々の記念事業の実施報告や決算報告などがあった。

 同委員会は一昨年6月に発足。区自治連合会をはじめ、商店街連合会、工業会、法人会などの各種団体、企業や大学などの代表者ら64人が名を連ねていた。

66事業を展開

 実行委員会主催のメインイベントなどのほか、区民らが企画した共催・認定事業、連携して行われたものなど、本番イヤー中の記念事業は66事業に上った。

 90周年にかかる収支は、収入、支出ともに2889万円だった。

 協賛金は、総額で2201万1千894円に上り、1730万円だった80周年を大幅に上回った。件数は323件で、内訳は団体187件、企業92件、個人・その他44件だった。

 征矢雅和鶴見区長は昨年を振り返り、「活況のうちに終了できた。未来の鶴見をともに考えるきっかけになった。この間の支援に心から感謝する」と話した。

 実行委員会は、3月26日に旧鶴見工業高跡地に完成した下野谷町三丁目公園での記念植樹式をもって解散する。

善意銀行に寄付も

 同日、実行委員会から区社会福祉協議会の善意銀行への寄付贈呈もあった。小山和雄委員長が、同協議会の佐藤信男会長へ目録を授与した。

 佐藤会長は「90周年で集まった意義深い寄付。思いを受け止め大切に活かす」と区内の福祉への活用を誓った。

鶴見区版のローカルニュース最新6

希望の花火、鶴見でも

【Web限定記事】横浜市鶴見区

希望の花火、鶴見でも 社会

コロナ収束願う一斉企画 總持寺が会場に

6月4日号

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

フェイスシールドで支援

【Web限定記事】横浜市鶴見区

フェイスシールドで支援 社会

区内NPO 医療機関にフレーム提供

6月4日号

オンライン上で写真展

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンライン上で写真展 文化

サルビアホール 作品募集中 

6月4日号

美味しい鮮魚もドライブスルー

所属委員会が決定

県議会

所属委員会が決定 政治

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク