鶴見区版 掲載号:2018年4月12日号
  • LINE
  • はてぶ

横浜の魅力を発信 観光親善大使が活動開始

社会

親善大使に選ばれた榊原さん(左)と本行さん
親善大使に選ばれた榊原さん(左)と本行さん
 横浜の魅力や観光情報を国内外にPRする今年度の横浜観光親善大使に市内在住の2人が選ばれ、活動を開始した。任期は4月1日から来年3月31日まで。

 16代目の大使を務めるのは内科医の榊原里江さん(34)と大学4年生の本行慶子さん(21)の2人で、いずれも中区在住。72人の応募者のなかから選ばれた。今後、外国客船入港セレモニーやイベントへの出演やメディア対応などを通して横浜市の魅力を発信していく。

 4月4日には林文子市長を表敬訪問。榊原さんは「元気で明るい横浜をPRしていきたい」、本行さんは「野球やサッカーなどスポーツで盛り上がる横浜をPRしていきたい」とそれぞれに意気込みを語った。林市長は「今後、ご一緒する機会が多いと思います、楽しみです」と応じていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク