鶴見区版 掲載号:2018年7月19日号
  • LINE
  • hatena

鶴見の課題に学生が解決策 商大生300人 ポスター発表

教育

審査員らに発表する学生たち
審査員らに発表する学生たち

 横浜商科大学(小林雅人学長)=東寺尾=で7月14日、学生による行政課題解決のための「鶴見まちづくり政策コンペ」があった。

 課題は、全て区の職員が現状の区政を考慮して提示。春学期の必修の授業として2年生300人が74チームに分かれて取り組み、解決のためのアイデアを競い合った。

 これまで、発表は優秀チームによるプレゼンで行われてきたが、3度目となる今回は全学生が発表できるようにと、ポスター発表となった。

 課題は、「地域防災の担い手として、大学生・大学ができることは何か」「鶴見区に海外からの観光客を呼び寄せたい」「一人暮らしの学生にごみ出しルールを守ってもらうにはどうすればよいか」「地域の機関・団体等×鶴見図書館のコラボ企画の考案」「振り込め詐欺などの特殊詐欺を撲滅せよ」などの9項目だった。

最優秀は「防災」

 当日は、全チームが各々にポスター発表。

 最優秀は「みんなに教えたい鶴見の防災」。震災が発生すると思ってはいるが、多くの人が備えていないデータを示し、防災マップの見辛さや危機感の低さを指摘。より活発な地域イベントの開催などを提案した。

 他にも、テーマに沿って「日本好きな外国人ユーチューバーに鶴見の魅力を発信してもらう」といった提案や、振り込め詐欺撲滅のため「避難訓練のように特殊詐欺対策訓練を行う」など、学生目線のユニークな発表が見られた。

 商学部観光マネジメント学科の田尻慎太郎准教授は「この授業自体は年々進化してきている。この経験を踏まえ、3年時にどう生かすのかが今後の課題」と話した。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「福祉のまち」推進へ集い

「福祉のまち」推進へ集い

すずの会 基調講演も

2月23日~2月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク