鶴見区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

鶴見の課題に学生が解決策 商大生300人 ポスター発表

教育

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
審査員らに発表する学生たち
審査員らに発表する学生たち

 横浜商科大学(小林雅人学長)=東寺尾=で7月14日、学生による行政課題解決のための「鶴見まちづくり政策コンペ」があった。

 課題は、全て区の職員が現状の区政を考慮して提示。春学期の必修の授業として2年生300人が74チームに分かれて取り組み、解決のためのアイデアを競い合った。

 これまで、発表は優秀チームによるプレゼンで行われてきたが、3度目となる今回は全学生が発表できるようにと、ポスター発表となった。

 課題は、「地域防災の担い手として、大学生・大学ができることは何か」「鶴見区に海外からの観光客を呼び寄せたい」「一人暮らしの学生にごみ出しルールを守ってもらうにはどうすればよいか」「地域の機関・団体等×鶴見図書館のコラボ企画の考案」「振り込め詐欺などの特殊詐欺を撲滅せよ」などの9項目だった。

最優秀は「防災」

 当日は、全チームが各々にポスター発表。

 最優秀は「みんなに教えたい鶴見の防災」。震災が発生すると思ってはいるが、多くの人が備えていないデータを示し、防災マップの見辛さや危機感の低さを指摘。より活発な地域イベントの開催などを提案した。

 他にも、テーマに沿って「日本好きな外国人ユーチューバーに鶴見の魅力を発信してもらう」といった提案や、振り込め詐欺撲滅のため「避難訓練のように特殊詐欺対策訓練を行う」など、学生目線のユニークな発表が見られた。

 商学部観光マネジメント学科の田尻慎太郎准教授は「この授業自体は年々進化してきている。この経験を踏まえ、3年時にどう生かすのかが今後の課題」と話した。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter