鶴見区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

新鶴見小 史季の郷で昔体験  道具に触れ、学ぶ

文化

石臼で上新粉づくり
石臼で上新粉づくり

 新鶴見小学校の3年生約100人が1月29日、矢向・江ヶ崎・尻手の歴史資料室及び交流室「史季の郷」を訪問し、昔の暮らしを実際に体験しながら学んだ。

 同施設は2016年に地元住民によって作られた。持ち寄られた昭和30年代の農具や家具、ラジオ、雑誌などが並ぶ。現在運営組織はNPO法人化し、近隣町内会の協力もあって成り立っている。

 当日館内には、炭アイロンなど、様々な昔の道具が並び、児童らは実際に触りながら当時の暮らしを勉強。施設の外では火起こし、石臼での上新粉づくり、井戸ポンプでの水汲みなどを体験した。

 火起こしをした児童は「マッチを使ったが、風でなかなかつかなくて大変だった」と感想を述べ、同館の鴨志田潔さんは「博物館より色々な道具があるかも。火起こしなどの体験をすることで、いざという時にも役に立つはず」と話した。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

お釈迦様、誕生日おめでとう

鶴見区仏教会恒例の花まつり

お釈迦様、誕生日おめでとう

4月18日号

災害対応の協定締結

横浜市

災害対応の協定締結

4月18日号

プロ直伝の技を学ぶ

横浜のプレイパークが集結

『源氏物語』読みとく

自慢のハンバーグで挑戦

喫茶タンゴ

自慢のハンバーグで挑戦

4月18日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク