鶴見区版 掲載号:2019年2月7日号 エリアトップへ

新鶴見小 史季の郷で昔体験  道具に触れ、学ぶ

文化

掲載号:2019年2月7日号

  • LINE
  • hatena
石臼で上新粉づくり
石臼で上新粉づくり

 新鶴見小学校の3年生約100人が1月29日、矢向・江ヶ崎・尻手の歴史資料室及び交流室「史季の郷」を訪問し、昔の暮らしを実際に体験しながら学んだ。

 同施設は2016年に地元住民によって作られた。持ち寄られた昭和30年代の農具や家具、ラジオ、雑誌などが並ぶ。現在運営組織はNPO法人化し、近隣町内会の協力もあって成り立っている。

 当日館内には、炭アイロンなど、様々な昔の道具が並び、児童らは実際に触りながら当時の暮らしを勉強。施設の外では火起こし、石臼での上新粉づくり、井戸ポンプでの水汲みなどを体験した。

 火起こしをした児童は「マッチを使ったが、風でなかなかつかなくて大変だった」と感想を述べ、同館の鴨志田潔さんは「博物館より色々な道具があるかも。火起こしなどの体験をすることで、いざという時にも役に立つはず」と話した。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク