鶴見区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

(PR)

災害対策 「ブロック塀の撤去・新設」気軽に相談を 横浜市の補助上限30万円

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 昨年、大阪北部地震で幼い命が奪われたブロック塀の倒壊事故。「他人事ではない。我が家も何とかしなければ」と思っている人も多いのでは。

 社内に防災事業部を有する「つくし建設」では、災害対策としてブロック塀の撤去や軽量フェンスなどの新設をすすめており、横浜市の補助事業(上限30万円)を活用した事前調査や手続きについて、無料相談を行っている。

 同社は建築・防災事業40年の実績があり、現在横浜市が行うブロック塀事前調査も依頼を受けて実施。地震や台風など防災の観点から建物劣化や雨漏り、防水工事まで幅広く対応してくれる。「小さな修繕から大きな工事まで、住まいの困り事はお気軽にご相談下さい」。

つくし建設

横浜市中区扇町3-8-6

TEL:0120-449-260

https://tukusi-k.com/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

心身健康へ 看護師が寄り添う

心身健康へ 看護師が寄り添う

まちの”健康塾”、新オープン

8月15日号

親子で考える 相続税の基本

(株)横浜銀行・旭化成ホームズ(株) 共催

親子で考える 相続税の基本

8月24日 横浜銀行 鶴見支店で無料セミナー

8月15日号

ベストな売却時期とは

ベストな売却時期とは

取材協力/三井不動産リアルティ(株)

8月15日号

22日は重賞レースも

川崎競馬を遊びつくせ 8月21日〜25日

22日は重賞レースも

夏休みファミリーフェス

8月15日号

専門医が「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」解説

市民健康セミナー

専門医が「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」解説

出産女性2人に1人が発症

8月8日号

目元の身だしなみ、大丈夫?

目元の身だしなみ、大丈夫?

取材協力/エムズ皮フ科形成外科クリニック”似合う眉毛”で若返り目指す

8月8日号

相続税の悩みは税理士へ個別相談を

相続税の悩みは税理士へ個別相談を

相談無料で随時受け付け

8月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク