鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

鶴見の映画、製作に協力を 製作委 ネット寄付募る

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見の魅力の一つ、沖縄タウンを描いた短編映画「だからよ〜鶴見」の製作実行委員会が、インターネットで寄付を募るクラウドファンディングで製作費の支援を呼びかけている。

 作品は、来春の沖縄国際映画祭に出品予定。地域型発信映画として上映される。鶴見の魅力発信を目的に、全編を区内各地で撮影している。

 制作は、演劇ユニットでもあるデッドストックユニオンで、監督は同団体代表の渡辺熱さんが務める。主演は沖縄出身お笑いコンビ・ガレッジセールの川田広樹さん。県人会青年部員役やエキストラなどで区民も出演している。鶴見沖縄県人会や仲通商店街が協力し、鶴見区が後援している。

 寄付は一口5千円から20万円まで。5千円は作品のエンドロールに名前掲載、1万円はエンドロールに加えDVD進呈、10万円以上は完成披露試写会と打ち上げにご招待など、金額に応じてリターンがある。

 「たくさんある鶴見の魅力のうち、沖縄を発信できる良い内容になるはず」と実行委員会メンバー。支援希望者は、【URL】 https://motion-gallery.net/projects/dakarayo-tsurumiまたは下記QRコードからアクセス。

鶴見区版のローカルニュース最新6

高津区の被災企業へ寄付

マルハチ 台風支援ライブ

高津区の被災企業へ寄付 社会

11月14日号

夢ひろば大盛況

夢ひろば大盛況 社会

1千人パレードも

11月14日号

聴き上手で会話楽しむ

聴き上手で会話楽しむ 社会

12月2日に講座

11月14日号

市役所でコンサート

市役所でコンサート 文化

区内奏者が出演

11月14日号

12日から申込始まる

12日から申込始まる スポーツ

親子仮装と一般

11月7日号

笑いで税を考える「法人劇場」20日に

商店街でハロウィーン

商店街でハロウィーン 社会

親子らでにぎわい

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク