鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

鶴見の映画、製作に協力を 製作委 ネット寄付募る

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見の魅力の一つ、沖縄タウンを描いた短編映画「だからよ〜鶴見」の製作実行委員会が、インターネットで寄付を募るクラウドファンディングで製作費の支援を呼びかけている。

 作品は、来春の沖縄国際映画祭に出品予定。地域型発信映画として上映される。鶴見の魅力発信を目的に、全編を区内各地で撮影している。

 制作は、演劇ユニットでもあるデッドストックユニオンで、監督は同団体代表の渡辺熱さんが務める。主演は沖縄出身お笑いコンビ・ガレッジセールの川田広樹さん。県人会青年部員役やエキストラなどで区民も出演している。鶴見沖縄県人会や仲通商店街が協力し、鶴見区が後援している。

 寄付は一口5千円から20万円まで。5千円は作品のエンドロールに名前掲載、1万円はエンドロールに加えDVD進呈、10万円以上は完成披露試写会と打ち上げにご招待など、金額に応じてリターンがある。

 「たくさんある鶴見の魅力のうち、沖縄を発信できる良い内容になるはず」と実行委員会メンバー。支援希望者は、【URL】 https://motion-gallery.net/projects/dakarayo-tsurumiまたは下記QRコードからアクセス。

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter