鶴見区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

上寺尾小 ひびきあって30年 830人で記念式典

教育

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
手作り神輿を担ぎ、群読を披露
手作り神輿を担ぎ、群読を披露

 上寺尾小学校(皆川吉次校長/児童数583人)の創立30周年を祝う記念行事が11月23日に行われた。

 同校は、1990年4月に寺尾小学校から分かれて開校。校名は、寺尾小学校よりも地図上で上に位置することなどからつけられた。梶の葉をモチーフとした校章は、以前この地を治めていた寺尾城主・諏訪氏の家紋に由来するという。

 開校当時から、「ひびきあい」をテーマにしてきた同校。合唱部は、TBSこども音楽コンクール全国大会・重唱部門で第2位となるなど、強豪校として知られている。地域との交流にも力を入れ、授業の一環として、3年生は、近隣に多くある無名の坂に名前を付け、6年生は町の良さをパンフレットにする活動を行っている。

学習の成果を発表

 当日は、全校児童と来賓が参加する部に分かれ、約830人で祝った。児童らは学年ごとに、合唱やエイサー、群読などで学習の成果を発表。児童の実行委員は、校内の公募で選ばれた梶の葉を使った記念マスコット「ミライ」ちゃんの紹介や、学校にまつわるクイズを出題した。来賓の部では、合唱部の発表があったほか、地域住民などからなる実行委員会からは、運動会で使うはっぴやエイサーの太鼓が寄付された。

 皆川校長は「様々な人に支えられている」と感謝。同校のテーマ「ひびきあい」に触れ、「『孤』や『個』の時代になっているからこそ、人と人との関わりや相互理解は大事。この言葉をこれからも大切に、よりよい学校にしていければ」と力を込めた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

区賀詞交換会、盛大に

区賀詞交換会、盛大に 文化

区民580人で祝う

1月16日号

聖火リレーのルート発表

東京2020

聖火リレーのルート発表 スポーツ

横浜市内は7月1日に走行

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

青少年入店など防止徹底

青少年入店など防止徹底 社会

遊技場組合 パチンコ店巡回

1月9日号

鶴大杯 元宮が優勝

寺尾城にせまる大企画

寺尾城にせまる大企画 文化

歴史と文化学ぶ新イベント

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク