鶴見区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

地元の歴史に光 “寺尾城”ひもとく

文化

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
大盛況だった城郭ジオラマや物産販売
大盛況だった城郭ジオラマや物産販売

 戦国時代、馬場にあった「寺尾城」を中心に、地元の歴史や文化を知る新イベント「鶴見れきぶん祭」が2月11日、鶴見区民文化センターサルビアホールで開かれた。専門家らは、過去の地形などを考慮した上で、「鶴見は要所であった」といった見解を示した。

図書館、商大が新企画

 イベントは、鶴見図書館開館40周年記念として実施。横浜商科大学の学生が、行政課題の解決に向け、さまざまなアイデアを競う「鶴見まちづくり政策コンペ」の入賞作品を具体化させた。

 中世に信州・諏訪氏が馬場に築城した寺尾城にスポットをあて、識者らを集めた「お城講演会」のほか、戦国時代のジオラマ展示や、寺尾周辺の自治会長らで結成した寺尾奉行の紹介、沖縄物産の販売などを企画。各地の城歩きを行う山城ガールむつみ氏による寺尾城ツアーもあったほか、建功寺がこの日のために制作した寺尾城のご城印の販売もあった。

 300人以上が来場した講演会では、城郭ライターの萩原さちこ氏、初代お城チャンピオンのいなもとかおり氏が、地形や石垣など城の見方や楽しみ方を解説。

 小田原城天守閣館長の諏訪間順氏、建功寺住職の枡野俊明氏、城郭復元マイスターの二宮博志氏による座談会もあり、歴史や宗教を背景に寺尾城をひもといた。

 鶴見市場付近で二度の合戦があったことなども紹介。枡野氏は「寺尾城を興味の一助に、まちを活気づけるきっかけになれば」と話した。

多角的に話し合った座談会
多角的に話し合った座談会

介護施設の紹介はハピネス

入居時の身元保証は一般社団法人 高齢者住宅支援機構へ

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク