鶴見区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

個性溢れる112点 YFD 29日にショー

文化

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
作品の最終調整をする野間さん
作品の最終調整をする野間さん

 横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)の学生によるショー「ファッションコレクション」が2月29日、鶴見区民文化センターサルビアホールで開かれる。

 コレクションは、学生たちが日ごろの成果をショー形式で発表する場。照明から音響まで学生主体で行われ、披露される112点の作品を学生自身が着用してウォーキングする。

作品に思い込め

 当日、独自ブランドを発表する野間亜沙美さん。テーマは落ち着いたという意味の「CalMa」。肩線を落としたオーバーサイズの服や、夏用には軽くて涼しいリネン素材を使うなど、普段の日常の中で、リラックスして着られる作品が並ぶ。「縫い方など、細部までこだわっています」と野間さん。

 ドレスを作成した星怜奈さんは、フリルの素材からヒレをイメージし、「人魚」をテーマにした。光のあたる角度によって若干見え方の変わる美しいピンクのヒレは全部で40枚以上。「1枚作るのに10分はかかります」とこれまでの苦労を滲ませた。

 ショーの開演は、午後4時(開場3時半)。入場無料。一般観覧も可能で、入退場自由。問合せは横浜ファッションデザイン専門学校【電話】045・501・5460。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter