鶴見区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市 9月補正に169億円 コロナ禍第3弾、くらし・経済対策

経済

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は、新型コロナウイルス感染症対策として169億円を盛り込んだ9月補正予算案を本日開会する市会第3回定例会に提出する。5・6月に次ぐ第3弾の補正で、【1】感染拡大の防止と医療体制の確保、【2】企業活動支援と雇用対策、【3】デジタル化の推進を3本の柱に据え、新型コロナウイルス対策を強化する。

 

 【1】には47億4400万円を計上し、積極的にPCR検査を行う医療機関に月最大30万円の助成を行うなど、検査・相談体制を強化。重症・中等症患者を受け入れる医療機関が医療機器を導入する際などに助成を行うほか、入院患者1人につき1日3万円の支援金も交付する。旧市民病院は、引き続き陽性無症状者の宿泊療養施設として活用。保護者が感染して親族などの保護も難しい子どもも、6人まで保育棟で一時的に受け入れる。

 

 92憶4200万円を充てる【2】では、客席の個室化やパネルの設置、検温機器の導入などで感染防止に取り組む中小企業に最大30万円(個人事業主15万円)を助成。6月補正分と合わせて申請件数を計1万件に拡充した。解雇や雇い止め、内定取り消しなどで失職した人の救済措置として426人分の雇用創出を目指すほか、求職者向けにオンラインでの合同就職説明会も開催。生活困窮者向けの住居確保給付金は、支給件数を7500件追加した。

 

 【3】には28億9800万円を計上。今年度中に市立学校の生徒に1人1台のタブレット型PCを配備し、校内のLAN環境整備で教育のICT化を推進する。地域のデジタル化として、自治会町内会や地域ケアプラザでのICTを活用した活動を支援し、行政職員のテレワーク拡充に向けては庁外持ち出し用のノートパソコン1300台を購入するほか、テレワークシステムの構築を進める。

 

 169億円のうち2億円は国費、46億円は県費で賄い、市費121億円のうち116億円は国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用する。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク