鶴見区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

鶴見警察署 詐欺警戒に石原プロと協力  バスや駅などにポスター

社会

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
バスに貼られたポスター(上)と駅前でチラシを配る署員
バスに貼られたポスター(上)と駅前でチラシを配る署員

 鶴見警察署はこのほど、芸能事務所・石原プロダクションの協力を得て、刑事ドラマ「西部警察」で活躍した故石原裕次郎さんや故渡哲也さんの写真が入った啓発ポスターやチラシ、ポストカードなど約3万3千枚を製作した。

 区内で被害が止まらない振り込めなど特殊詐欺の被害の注意を呼び掛けることが目的。啓発物には裕次郎さんらの強い眼差しとともに「キャッシュカード絶対渡さない」といった注意喚起が入り、西部警察を模した鶴見警察署のタイトルロゴも載る。

 JR鶴見駅や区内の金融機関、公共施設、区内を走る路線のバスなどにポスターを掲示するほか、タクシー会社とも協力してチラシなどを配布し、詐欺警戒をはかる。

解散前に

 大本山總持寺に裕次郎さんの墓がある縁から、同署は、2014年に石原プロの協力を得て啓発をスタート。以降、年賀状や暑中見舞いに裕次郎さんの写真の入ったハガキを家庭に配布するなどしてきた。

 石原プロが来年解散することを受け、「最後の機会になるかもしれない」と、同署の須藤正彦署長が依頼を決め、今回の企画が実現した。

 10月6日には、鶴見駅前で啓発チラシを配るキャンペーンを実施。パトカーで呼びかけながら署員自ら啓発を行った。

 同署は「自分には関係ないことと考えている人が多いが、電話は実際にかかってくる。被害にあう確率の高い高齢者に人気な石原プロと協力することで、啓発を促せれば」と話す。

 10月5日現在、同署管内での振り込め詐欺の被害件数は56件、約1憶2千万円に上り、件数、額ともに県内でワースト2位となっている。

鶴見区版のローカルニュース最新6

自由なアートを展示

【Web限定記事】横浜市鶴見区

自由なアートを展示 社会

市内在住・吉田さんら企画

12月3日号

区政要望を提出

商議所鶴見支部

区政要望を提出 経済

中電停車など11項目求め

12月3日号

ナポリタン学会認定店に

喫茶タンゴ

ナポリタン学会認定店に 文化

区内では初

12月3日号

地元初上映へ

『だからよ〜鶴見』

地元初上映へ 文化

12月3日号

”最後の”巨大ツリーが点灯

ビッグゴルフ滝川

”最後の”巨大ツリーが点灯 文化

12月末で閉店

12月3日号

史季の郷 十日夜を体験

日本版ハロウィーン?

史季の郷 十日夜を体験 文化

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク